研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

『水処理システムと湿式抽出法による藻類の高効率燃料化の融合と実用化』 微細藻類をバイオ燃料やマットにしてCO2排出量を減らせ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs7
神田 英輝(名古屋大学 大学院工学研究科 助教)
国内共同研究機関 (株)日立製作所、東京農工大学、東海学園大学、鈴鹿大学、筑波大学
相手国研究機関 ダーバン工科大学(DUT)、エティクニ自治政府、農業研究機構(ARC)、技術革新機構(TIA)
採択年度 平成27年度(2015年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 南アフリカ共和国
研究課題の概要

下水から作った微細藻類が新しい溶媒抽出で燃料や肥料に!
 南アフリカ共和国では下水を元にCO2を吸収する微細藻類の大量培養に成功したが、燃料にするには化石燃料による乾燥が必要で、逆にCO2を排出する矛盾が生じる。これを解決するため、液化DMEという新たな溶媒を用いる燃料化(油脂抽出)装置を開発して現地に設置する。微細藻類の残渣は木片と混ぜてマット化して肥料化する。また、南アフリカ共和国に技術が根付くように、持続可能な環境ビジネスモデルを構築するとともに人材育成を行う。

光合成に優れる微細藻類で地球規模でCO2を削減
 新たな抽出溶媒によって100℃未満の温水で微細藻類を燃料化できる。また肥料化した残渣によって下水から窒素やリンを回収して土地を肥沃化できる。これら技術に立脚したビジネスモデルや人材育成手法を他地域に展開できれば、地球規模でのエネルギー問題や水圏・地圏環境の改善につながる。

研究実施風景
イメージ1

南アフリカダーバン市の下水処理施設内に微細藻類の培養プールを設置。

イメージ2

培養プール内部の様子。ここで下水処理水から微細藻類を育成。

イメージ3

蛍光顕微鏡で見た微細藻類。バイオ燃料の生産が期待されている。

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成27年度(959KB)
評価報告書
関連URL The Institute for Water and Waste water Technology, Durban University of Technology
名古屋大学大学院工学研究科 化学・生物工学専攻分子化学工学分野 拡散プロセス工学グループ
名古屋大学大学院国際開発研究科 山田肖子ゼミ
筑波大学生命環境系 藻類バイオマス・エネルギーシステム研究拠点 渡邉研究室

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る