研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

  • SDGs7
  • SDGs13
研究代表者名(所属機関) 日本 荻野 千秋(神戸大学 大学院工学研究科 教授) researchmap タイ バンバン プラセヤ(インドネシア科学院 バイオテクノロジー研究センター 長官)
国内研究機関 神戸大学、長崎大学
相手国研究機関 インドネシア科学院(LIPI)、インドネシア大学(UI) 他
採択年度 平成24年度(2012年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要

スーパー微生物で燃料と化学品を創り、バイオマスで持続可能な社会構築を目指す!
 インドネシアは多様なバイオマスと生物資源の宝庫である。本プロジェクトでは、食糧と競合しない、パーム由来の廃棄物バイオマスを原料として、再生可能エネルギーや化学品を生産する。具体的には、代謝経路を人工的に再構築して、バイオマス中に含まれる糖から化合物を高効率に作り出す“ものづくり”工場を模倣した、組換え微生物「細胞工場」を開発し、生産プロセス全体の大幅な省エネルギー化、低コスト化につなげる。

バイオマスの有効活用は世界的な脱化石資源の旗手になる!
 石油資源に依存する現状から、バイオマスからバイオベース製品群を生産する「バイオリファイナリー」への大転換が実現すれば、化学産業構造において、パラダイムシフトが成し遂げられる。セルロース系バイオマス利活用の先行実証モデルとしてインドネシアで実践後、タイやマレーシアなどのバイオマス賦活量の多い国々へ展開可能である。

研究実施風景

今回のプロジェクトで原料と考えているパーム油の空果房(EFB)。EFBはセルロースが主成分であり、インドネシアでは、これまで廃棄処分されていた。
今後は、燃料や化学品への微生物変換が期待される。)今回のプロジェクトで原料と考えているパーム油の空果房(EFB)。EFBはセルロースが主成分であり、インドネシアでは、これまで廃棄処分されていた。今後は、燃料や化学品への微生物変換が期待される。

パームの木

パームの木

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成24年度(234KB)
PDF平成25年度(257KB)
PDF平成26年度(1,146KB)
PDF平成27年度(782KB)
PDF平成28年度(498KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る