研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

研究代表者(所属機関) 森田 公一(長崎大学 熱帯医学研究所 教授)
国内共同研究機関
採択年度 平成23年度(2011年度)
研究期間 5年間
相手国 ケニア共和国
相手国研究機関 ケニア中央医学研究所(KEMRI)
研究課題の概要

アフリカで猛威をふるう感染症に、日本の診断技術を応用
 ケニアなどのアフリカ諸国では、人獣共通のアルボウイルス感染症*(黄熱病、リフトバレー熱病など)が頻繁に報告されている。そこで、長崎大学がもつ熱帯ウイルス感染症の診断技術を応用し、地方の医療機関やコミュニティなどでも利用可能である、安価で迅速な簡易診断キットの開発に取り組んでいる。キットの実用化により早期に感染症発生が察知でき、その情報を携帯電話などを活用して中央政府へ伝達することで大規模感染拡大を阻止する早期警戒システムを構築する。WHOなどとも積極的に情報交換しており、将来的には近隣国にもこの技術とシステムを普及させ、国際的な早期封じ込め体制の整備を目指す。 *蚊やダニなどの節足動物によりヒトや脊椎動物に伝播するウイルス性疾患。

簡易診断キットを開発し、国家レベルの早期警戒ネットワークをはりめぐらす
 開発した簡易診断キットを実用化し、今後その評価と応用開発に取り組んでいく。また、これまでにケニアの大学と共同開発した携帯電話を利用したネットワークプログラムを使い、地方の医療機関と中央の機関が迅速に連携できる双方型の早期警戒システムモデルを構築しその有用性を示す科学的実証研究を推し進める。

研究実施風景
KEMRIとの共同でアルボウイルス(黄熱病およびリフトバレー熱病など)迅速診断キットの開発中

KEMRIとの共同でアルボウイルス(黄熱病およびリフトバレー熱病など)迅速診断キットの開発中

アルボウイルスはアフリカの森に潜んでいる。

アルボウイルスはアフリカの森に潜んでいる。

KEMRIブシア研究所とスタッフ。開発する診断キットの評価作業で重要な役割を担う。

KEMRIブシア研究所とスタッフ。開発する診断キットの評価作業で重要な役割を担う。

KEMRI本部の製造部門:ケニアと日本が共同でアルボウイルス迅速診断薬開発を目指す。

KEMRI本部の製造部門:ケニアと日本が共同でアルボウイルス迅速診断薬開発を目指す。

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成23年度(171KB)
PDF平成24年度(236KB)
PDF平成25年度(271KB)
PDF平成26年度(1,083KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」
JICAトピックス
PDFJST news 2015年3月号
JSTトピックス
PDFScience Window 2015年春号(4-6)
PDFmHEALTH COMPENDIUM Vol.4

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る

SATREPS研究提案公募
別紙1_現場側ニーズに基づく提案形成に向けた取り組み
遺伝資源の利用

お問い合わせ先

国立研究開発法人 科学技術振興機構
国際科学技術部
SATREPSグループ
電話:03-5214-8085
E-mail

〒102-0076 東京都千代田区五番町7
東京本部別館(K’s五番町)8F
アクセスマップ