研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs13
松岡 俊文(京都大学 学際融合教育研究推進センター インフラシステム研究拠点 特任教授) researchmap
国内共同研究機関 早稲田大学、九州大学、(公財)深田地質研究所
相手国研究機関 バンドン工科大学(ITB) 他
採択年度 平成23年度(2011年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要

CO2削減への障害となるガス田採掘の問題を解決する
 インドネシアでは、2020年までにCO2を2005年比で26%削減することを計画している。一方、ガス田から天然ガスを生産する際に産出されるガスに含まれるCO2の空気中への大量の排出が問題視されている。そこで、CO2の直接的な削減法として、ガス生産の際に出たCO2を回収して地中に封じ込めるCCS (Carbon Dioxide Capture and Storage)技術の体系化を目的に、中部ジャワ州で生産の始まるグンディガス田において、CO2の地中貯留およびモニタリング技術の研究開発を行う。

CCSの安全運用には地下の構造調査が不可欠
 CCSの適用に不可欠なガス田の深部地層の地質評価技術の開発および地下に貯留したCO2の分布や挙動を知るためのモニタリング技術の研究開発を行う。以上の研究開発を通して、天然ガス生産に伴って発生するCO2の削減を行うと同時にCCS技術の体系化を行い、地球規模のCO2削減に貢献する。2012年度から継続して既存データの検討、地表調査、岩石資料分析を行うことで、貯留サイトの候補を絞り込み、貯留層評価のための基本データを揃えた。

研究実施風景
準備が進むボーリング坑井を前にしたインドネシアと日本の共同研究チーム。研究計画立案のためにサイトを視察中。

準備が進むボーリング坑井を前にしたインドネシアと日本の共同研究チーム。

二酸化炭素の分離・回収・地層貯留(CCS)の概念図

二酸化炭素の分離・回収・地層貯留(CCS)の概念図

天然ガス生産のために準備中のボーリング坑

天然ガス生産のために準備中のボーリング坑

インドネシア国プルタミナ石油本社で開催されたCCSに関するキックオフミーティング

インドネシア国プルタミナ石油本社で開催されたCCSに関するキックオフミーティング

研究プロジェクトWEBサイト Gundih CCS Project
プレスリリース 共同プレスリリース(2016/3/28)
実施報告書 PDF平成23年度(133KB)
PDF平成24年度(173KB)
PDF平成25年度(424KB)
PDF平成26年度(2,647KB)
PDF平成27年度(2,087KB)
PDF終了報告書(5,051KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JSTトピックス(2013/7/9)
JSTトピックス(2014/7/18)

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る