研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

研究代表者(所属機関) 登坂 博行(東京大学 大学院工学系研究科 教授)
国内共同研究機関 千葉大学、防災科学技術研究所、土木研究所
採択年度 平成22年度(2010年度)
研究期間 5年間
相手国 マレーシア
相手国研究機関 マルチメディア大学(MMU)、マレーシア理科大学(USM)、テナガナショナル大学(UNITEN)
研究課題の概要

都市化と温暖化による集中豪雨が、深刻な災害を引き起こす
 近年、マレー半島では急激な都市化と温暖化が原因と思われる集中豪雨により地すべり災害・水害が多発しているが、災害調査や観測データが不足しており、被災低減策が立ち後れている。この対策として、マレーシア国内で都市化が著しい地域を対象に、既存データの調査と現地観測、及び日本産の衛星を利用した観測により、地すべり災害と水害の低減策を探る。観測で得られたデータを活用して、地すべり災害・水害のハザードマップや早期警戒システムを構築し、日本の科学技術をもってマレーシアおよびその周辺諸国に貢献する。

データ評価と並行して、災害予測・低減に役立つシステムを設計
 地すべり災害・水害に関する地形要因、発災歴、降水量等の統計データを収集・評価し、統合データベースとして構築する。また、発生危険域と危険度の評価や地図化、事前対策や早期警戒・避難等、被災低減化を支援するシステムを構築していく。

研究実施風景
南アフリカ側の研究チーム

Kelantan川中流域:洪水時には家の床まで水位上昇

送電線鉄塔基部の崩壊:斜面崩壊は多発しており、道路の破壊や遮断、送電線鉄塔の損壊により、社会インフラに脅威を与えている。

送電線鉄塔基部の崩壊:斜面崩壊は多発しており、道路の破壊や遮断、送電線鉄塔の損壊により、社会インフラに脅威を与えている。

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成22年度(200KB)
PDF平成23年度(528KB)
PDF平成24年度(4,600KB)
PDF平成25年度(2,334KB)
PDF平成26年度(463KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」
JSTトピックス

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る

SATREPS研究提案公募
別紙1_現場側ニーズに基づく提案形成に向けた取り組み
遺伝資源の利用

お問い合わせ先

国立研究開発法人 科学技術振興機構
国際科学技術部
SATREPSグループ
電話:03-5214-8085
E-mail

〒102-0076 東京都千代田区五番町7
東京本部別館(K’s五番町)8F
アクセスマップ