研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

『カメルーン火口湖ガス災害防止の総合対策と人材育成』 CO2ガスが吹き上がる ―
「湖水爆発」の謎に挑め!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs11
  • SDGs6
大場 武(東海大学 理学部 教授) researchmap
国内共同研究機関 富山大学、東京大学、大阪大学、熊本大学、東北大学
相手国研究機関 カメルーン国立地質鉱物資源研究所 (IRGM)
採択年度 平成22年度(2010年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 カメルーン共和国
研究課題の概要

住民1800人の命を奪った恐るべき災害、湖水爆発
 カメルーンには火山が多数存在し、中には火口に湖をもつものもある。1980年代にはニオス湖とマヌーン湖の2つの火口湖で、湖底に溜まった大量のCO2が突然湖面に噴出する湖水爆発が起こり、ふもとの3つの村で1800人の住民が酸欠死した。両湖は現在もガス災害の再発が懸念されている。本プロジェクトでは両湖を研究し、CO2の流れと、過去に起きた爆発の解明に取り組む。また湖水爆発のシミュレーションを行って爆発メカニズムを解明することで、湖の監視体制の確立や防災に向けた総合対策を提案する。

2つの火口湖を包括的に調査し、現象解明のてがかりを探る
 湖水の観測やCO2濃度の調査、周囲の岩石との反応解析、CO2の供給システムの解明等、様々な角度から分析を行っている。両湖のガス災害予測のため、湖の観測・研究を継続・発展させる体制の確立を目指す。

研究実施風景
イメージ1

ニオス湖におけるCO2ガス抜きパイプの大噴水

イメージ2

深層湖水の採取

イメージ3
イメージ4
研究プロジェクトWEBサイト http://www.sc.u-tokai.ac.jp/ohbalab/japanese/satreps/index.html
プレスリリース
実施報告書 PDF平成22年度(470KB)
PDF平成23年度(773KB)
PDF平成24年度(1,900KB)
PDF平成25年度(2,047KB)
PDF平成26年度(3,570KB)
PDF終了報告書(7,102KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICAトピックス 新規ウィンドウで開く
PDFJST News 2015年7月号

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る