研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

『持続的食糧生産のためのコムギ育種素材開発』 復興の象徴となる「希望の種」
(アフガン・コムギ)を播け!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs2
  • SDGs17
坂 智広(横浜市立大学 木原生物学研究所 教授)
国内共同研究機関 理化学研究所、鳥取大学
相手国研究機関 農業灌漑牧畜省(MAIL) 他
採択年度 平成22年度(2010年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 アフガニスタン・イスラム共和国
研究課題の概要

日照り、乾燥、病気に強いコムギ遺伝子を探索し、新品種素材を開発
 長年の内戦の影響でいまだ治安の安定しないアフガニスタンにあって、コムギは主食のナンの原料であり、また国民の大多数を占める農民にとっての主要作物である。日本の研究所が保存していた多様性に富むアフガニスタン在来のコムギを実際に栽培し、日本の科学技術を駆使した遺伝子レベルでの研究と組み合わせることで、国の実情に合った品種の育種素材開発が可能となり、コムギ研究者の育成とともに持続的な食糧生産の基盤作りに貢献する。

アフガン・コムギがアフガニスタンを救う
 内戦の過程で国内から消失してしまったアフガニスタン在来のコムギを研究する過程で選抜された有望な遺伝資源は、新品種の開発に活用できるとともに、灌漑(かんがい)などのインフラ整備の恩恵を受けられずにいる大多数の農民のコムギ生産の向上・安定にすぐにでも貢献できる。プロジェクトで育ったアフガン研究員がこの課題に取り組む。

研究実施風景
イメージ1

50余年の時を経てついに里帰りを果たしたアフガン在来のコムギ。播かれたコムギの種がバダンバグ試験場の圃場で順調に育っている。

イメージ2

アフガニスタン在来品種のコムギ収穫風景

イメージ3
イメージ4
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成22年度(286KB)
PDF平成23年度(528KB)
PDF平成24年度(2,600KB)
PDF平成25年度(4,020KB)
PDF平成26年度(3,669KB)
PDF終了報告書(3,715KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICAトピックス(2014年度)
JICAトピックス(2015年度)
JSTトピックス
SATREPSの活動事例

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る