研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs3
吉田 真一(九州大学 大学院医学研究院 教授)
国内共同研究機関 千葉科学大学
相手国研究機関 フィリピン大学マニラ校公衆衛生学部 (CPH-UPM)
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 フィリピン共和国フィリピン
研究課題の概要

フィリピンをフィールドに、死をもたらす感染症を解明していく
 レプトスピラ感染症は熱帯、亜熱帯地方を中心に世界に広く分布する人獣共通の感染症で、人間には黄疸、腎不全、肺出血等の多臓器不全を引き起こす致死性の感染症である。しかしこれまで調査・研究の報告が少なく、その深刻さは知られていない。そこでヒトや家畜・野生ネズミの感染実態の調査を行い、感染症の実態解明と診断キット、ワクチンの開発に挑む。また感染防止のための広報・啓発活動を展開し、レプトスピラ感染症の拡大防止を図る。

感染実態が明らかになると共に、診断キットの試作品を開発!
 これまでの研究で、人・動物の感染実態を明らかにし、簡便な診断キットの試作品の開発に成功した。今後はワクチン開発、感染病態の研究をさらに進めると共に、予防啓発活動を効果的に実施する方法を検証していく。

研究実施風景
イメージ1

レプトスピラ
(ワイル病病原体)

イメージ2

フィリピンカラバオセンターでサンプルの整理をするプロジェクトスタッフ

イメージ3

 

イメージ4

フィリピン大学マニラ校公衆衛生学部のレプトスピラ研究室

研究プロジェクトWEBサイト http://cph.upm.edu.ph/node/234
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(208KB)
PDF平成22年度(287KB)
PDF平成23年度(278KB)
PDF平成24年度(283KB)
PDF平成25年度(1,183KB)
PDF終了報告書(1,426KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る