研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

研究代表者(所属機関) 堀田 博(神戸大学 大学院医学研究科 教授)
国内共同研究機関 医薬基盤研究所
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間 4年間
相手国 インドネシア共和国
相手国研究機関 インドネシア大学(UI)、アイルランガ大学(AU)、インドネシア科学院(LIPI)
研究課題の概要

猛威を振るう2つの感染症に、科学技術協力で立ち向かう
 C型肝炎ウイルス(HCV)はワクチンが未開発で、慢性感染者は世界で1億7千万人と推定される。またデング熱は、近年熱帯地域外への拡大が危惧されている。これらの感染症の新規治療法・予防法の開発は急務である。HCVに有効な、インドネシア特有及び日本の植物・微生物由来の抗ウイルス薬開発、並びに、遺伝子操作技術を用いたHCVとデングウイルスに対するワクチン開発を進めている。

植物・微生物から作る新しいC型肝炎の薬と遺伝子技術を用いたワクチン
 両国の植物や微生物から、HCVに有効な抗HCV物質を見出した。それらの物質によるHCV増殖阻害の仕組みを詳しく調べている。また、HCVやデングウイルスに対して強い免疫を獲得し、且つ、より安全なHCV DNAワクチン及びデングDNAワクチンを開発した。ビフィズス菌を用いた経口HCV治療ワクチンも開発した。

研究実施風景
イメージ1

インドネシアの秘境で伝承される薬草を採集

イメージ2


イメージ3

インドネシア各地で伝承されるユニークな薬草から、最新技術を駆使して抗ウイルス薬の候補物質を探索し、有用な天然化合物を同定する。

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース 2014/3/20
実施報告書 PDF平成21年度(174KB)
PDF平成22年度(192KB)
PDF平成23年度(266KB)
PDF平成24年度(259KB)
PDF終了報告書(2,548KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る

SATREPS研究提案公募
別紙1_現場側ニーズに基づく提案形成に向けた取り組み
遺伝資源の利用

お問い合わせ先

国立研究開発法人 科学技術振興機構
国際科学技術部
SATREPSグループ
電話:03-5214-8085
E-mail

〒102-0076 東京都千代田区五番町7
東京本部別館(K’s五番町)8F
アクセスマップ