研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(気候変動領域)

研究代表者名(所属機関) 大崎 満(北海道大学 大学院農学研究院 教授)
国内共同研究機関
相手国研究機関 インドネシア国家標準庁(BSN)、バランカラヤ大学(UNPAR)、インドネシア科学院(LIPI)、インドネシア研究技術省 (RISTEK)、インドネシア宇宙航空研究所(LAPAN)、林業省(FORDA)、技術評価応用庁(BPPT)
採択年度 平成20年度(2008年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要

熱帯泥炭湿地林の下に堆積した「泥炭」が燃え、「森」が焼失する
 インドネシアの低湿地には広大な熱帯泥炭地が存在し、莫大な量の炭素が蓄積されている。その泥炭地に排水路を掘り、乾燥化させると、熱い燃焼(泥炭火災)と冷たい燃焼(微生物分解)が同時に起こり、大量の炭素が大気中に放出されるとともに、多様な生物相が失われる。また、同時に放出される一酸化炭素や微細粒子は地域住民の健康を害している。この泥炭湿地の修復に必要な、地域の適切な水管理、森林修復と再生、衛星を利用した早期火災検知システム、早期消火方法の確立をめざす。さらに、これらのデータと衛星GISデータを統合し、二酸化炭素フラックス(吸収・放出)モデルを作成し、REDD-plus(注1)(森林の減少・劣化による温室効果ガス排出の削減)とMRV(注2)(計測、報告、検証)の国際基準作成に貢献する。注1 REDD-plus: Reducing Emissions from Deforestation and forest Degradation and the role of conservation, sustainable management of forests and enhancement of forest carbon stocks in developing countries
注2 MRV:Measurement, Reporting, and Verification

泥炭地の包括的管理、炭素の放出抑制・炭素管理システムを構築
 地上と衛星の双方のデータを融合することで泥炭地からの炭素放出量を正確に把握する世界で唯一のMRVシステムを構築した。このシステムを活用し、REDD-plusによる地球上に残された最も重要な炭素貯蔵地・生物多様性の宝庫、熱帯泥炭湿地林の再生と維持をめざす。

研究実施風景
植樹

湿地に適した樹種を耐水試験で選別し植樹

フラックスタワー フラックスタワー

フラックス観測によれば火災跡地では生物分解による炭素放出が非常に大きく、火災などによる影響が比較的少ない森林の5倍以上に達した。

水路管理について打ち合わせる研究者ら

水路管理について打ち合わせる研究者ら

泥炭地

泥炭地

研究プロジェクトWEBサイト http://www.census.hokudai.ac.jp/html/JSTJICA/
プレスリリース 2013/11/21
実施報告書 PDF平成21年度(252KB)
PDF平成22年度(399KB)
PDF平成23年度(415KB)
PDF平成24年度(355KB)
PDF終了報告書(4,654KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICAトピックス
JSTトピックス
地球環境研究センターニュース
北海道大学ホームページ

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る