SATREPSについて

JSTトップSATREPSホームSATREPSについて研究分野/領域

[本文]

研究分野/領域

私たちは、SATREPSの研究分野/領域を次の趣旨の下定めています。

  • 共同研究の成果を当該開発途上国をはじめ、広く社会に還元する将来構想を有すること
  • 開発途上国において、課題解決のための研究開発の実施及び研究者の能力向上に対するニーズが高いこと
  • 地球規模課題の解決及び科学技術の向上に資すること

※日本からの単なる技術の移転・知識の提供等、共同研究を伴わない課題や、科学技術の発展に寄与しない単なる調査等、また、成果が一国にしか還元できない研究等は、対象外とします。

研究分野 研究領域
環境・エネルギー分野 1)「地球規模の環境課題の解決に資する研究」
(気候変動への適応、生態系・生物多様性の保全、自然資源の持続可能な利用、汚染対策などSDGsに貢献する研究)
2)「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」
(クリーンエネルギー、気候変動の緩和などSDGsに貢献する研究)
生物資源分野 3)「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」
(食料安全保障、健康増進、栄養改善、持続可能な農林水産業などSDGsに貢献する研究)
防災分野 4)「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究」
(災害メカニズム解明、事前の対策、災害発生から復旧・復興までSDGsに貢献する研究)
感染症分野※ 5)「開発途上国のニーズを踏まえた感染症対策研究」

※感染症分野の研究課題は平成27年度より日本医療研究開発機構(AMED)に移管(平成26年度までに終了した課題を除く)

1.環境・エネルギー分野

1)研究領域1「地球規模の環境課題の解決に資する研究」
(気候変動への適応、生態系・生物多様性の保全、自然資源の持続可能な利用、汚染対策などSDGsに貢献する研究)

※平成20年度から公募開始。研究領域「気候変動の適応又は緩和に資する研究」の公募は平成22年度で終了し、「地球規模の環境課題の解決に資する研究」に統合。

環境・エネルギー分野(低炭素エネルギーを含む)  気候変動、生態系・生物多様性の劣化、環境汚染の拡大、都市への人口集中、生産・消費活動の増大など、地球規模で直面している環境問題に対応していくためには、それらの解決につながる科学技術の開発やその成果の普及が強く求められています。
 これらの環境問題の解決は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)における多くの目標に深く関わっています。気候変動の悪影響に対する適応を含む気候変動対策は、目標13「気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る」として挙げられる重要な地球規模課題のひとつです。森林、湿地、草地、海洋などにおける生態系・生物多様性の保全・回復および持続可能な資源としての利活用は、目標15「陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る」および目標14「海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する」として掲げられています。

 また、有害物質による環境汚染の発生抑制と環境修復、水と食料安全保障の確保、都市域における社会インフラの構築と維持保全、廃棄物の管理・発生抑制などは、人が健康で豊かな生活を営むために取り組むべき喫緊の課題であり、環境負荷の低い生産・消費社会をベースとした持続可能な都市及び人間居住の創生のための基本となり、SDGsにも様々な面で関係しています。

 これらの課題の解決には、自然科学と人文・社会科学の知を総合的に融合して、科学技術の開発とその成果の社会実装を進めることで、環境負荷が小さくかつ持続可能な経済・社会システムを構築し、人々への教育・啓発に取り組み、これらの科学研究や取組から得られた知見と経験を継続的に発展させ、世界に向けて広く発信していくことが重要です。

 主な研究課題の例は以下の通りですが、これら以外であっても上記の趣旨に合致する課題であれば研究対象となります。

  • 気候変動の予測、緩和及び適応に関する研究
  • 有害物質などによる汚染及びそのリスク低減に関する研究
  • 安全な水の確保、処理に関する研究
  • 循環型社会の構築に関する研究(有用資源の回収・再利用を含む)
  • 陸域および海域における生態系・生物多様性の保全・修復に関する研究
  • 都市における環境保全(緑化を含む)・環境創造に関する研究
  • 快適な都市の構築・運用に関する研究
  • 大規模災害による環境の劣化・破壊の復元・修復に関する研究
  • 資源の持続可能な利用に関する研究

なお、以上に該当する研究課題であっても、低炭素社会の実現に向けたシステム、要素技術に関する研究課題(再生可能エネルギー、新エネルギー、省エネルギー等)は研究領域2になります。

2)研究領域2「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」
(クリーンエネルギー、気候変動の緩和などSDGsに貢献する研究)

※平成22年度から公募開始

 気候変動の緩和は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)において、目標13「気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る」として挙げられる重要な地球規模課題のひとつです。同時に、目標7「すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」も重要です。この二つを両立するには、科学技術を活用して世界全体で低炭素社会を実現することが求められています。

 2015年の国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において採択され2016年11月に発効したパリ協定では、世界の平均気温の上昇を2℃以内に抑える目標が設定されました。この目標と整合的なシナリオとするには、2050年までに温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量を240億トン程度の水準にする必要があり、約300億トン超の温室効果ガスの追加的削減が必要となります。我が国においても、平成27年7月の「日本の約束草案」において、排出削減と吸収量の確保により国内の温室効果ガスの排出量を2030年度に2013年度比26.0%減(2005年度比25.4%減)の水準にすることを目標にしています。

 上記の目標を実現していくためには、先進国と開発途上国が協働して低炭素社会を実現するイノベーションの創出が不可欠なものとなっています。再生可能エネルギー、新エネルギーの利用促進や化石エネルギーのクリーンで高効率な利用及び省エネルギー化は、当該国と世界全体にとって非常に有益です。また、開発途上国における温室効果ガス削減への日本の貢献は、クリーン開発メカニズム(CDM)、二国間クレジット制度(JCM)などを通して日本の削減目標の達成に活用することが期待できます。

 主な研究課題の例は以下の通りですが、これら以外であっても上記の趣旨に合致する課題であれば研究対象となります。

  • 再生可能エネルギー、新エネルギーの利用(太陽光・太陽熱、風力、海洋エネルギー、地熱、バイオマス等)に関する研究(バイオマスに関しては、持続的原料確保、食料との非競合などの持続可能性と、エネルギー収支・経済性の面での優位性を明確にしてください)
  • エネルギーの高度有効利用に関する研究(高効率かつクリーンな革新的エネルギー利用技術、高効率機器の導入やエネルギーのリサイクルによる省エネルギー技術、CO2の分離・貯蔵等に関する要素技術、低炭素化を実現するエネルギーシステム技術等)
  • 化石燃料・鉱物などの天然資源の持続的な活用に関する研究(資源リサイクル、「都市鉱山」開発、資源回収システムなどでLCA-CO2での貢献が期待できるもの)
  • 低炭素・資源循環型の都市・地域づくり(スマートシティ、スマートコミュニティ、交通輸送網、次世代インフラ等)に関する研究

2.生物資源分野

3)研究領域「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」
(食料安全保障、健康増進、栄養改善、持続可能な農林水産業などSDGsに貢献する研究)

※平成21年度から公募開始

生物資源分野  古来より人類は多様な生物資源を利用し、食料や飼料・薬・繊維等の生活・健康の必需品やエネルギー源などを得てきました。近年、地球規模での人口増加や気候変動を受け、砂漠化や農地の乾燥化及び塩類集積、病害虫やウイルス病の蔓延、気温や降雨の不安定化等、生物資源の持続的な生産を脅かす事態が頻発し、これに対処する抜本的な基盤技術の開発が望まれています。また、国連の持続可能な開発目標(SDGs)にも生物資源に関連して目標2「飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する」や目標14「海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する」等が盛り込まれています。
 一方で、人類の生存を支え、人類に様々な恵みをもたらす生物多様性の重要性が生物多様性条約締約国会議で提唱されてきました。地球上の多様な生物をその生息環境とともに保全し、生物資源を持続的に利用しつつ、遺伝資源の利用から生ずる利益を公正かつ衡平に配分することを目的に、国際条約としての生物多様性条約と名古屋議定書及び食料・農業植物遺伝資源条約が定められ、各国で法的整備が進められています。我が国は平成29年5月に名古屋議定書の締結国となったところであり、今後より一層の国際条約の遵守が求められています。

 以上のような地球規模での変化を背景として、生物資源がもたらす恩恵を将来に亘って享受し続けるため、特に開発途上国における生物資源の生産・利用・管理に関わる研究開発の重要性が指摘され、かつ得られた研究成果の社会への迅速な還元がより一層強く求められています。

 主な研究課題の例は以下の通りですが、これら以外であっても上記の趣旨に合致する課題であれば研究対象となります。

  • 生物資源の持続的生産及び利用に資する研究(植物・動物・海洋生物・微生物等の資源管理・育種・栽培/繁殖/培養技術、生産システム等)
  • 生物資源の評価・有効利用に関する研究(生物資源を元にした有用物質の発見・生産など生物多様性の利活用などを含む <ヒトへの創薬は含まない>)

なお、以下の研究に重きを置く課題は、環境・エネルギー分野になります。

  • バイオマスのエネルギー利用(環境・エネルギー分野 研究領域2)
  • 主として環境・エネルギーの課題解決を直接の目的とする研究(環境・エネルギー分野 研究領域1及び研究領域2)

3.防災分野

4)研究領域「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究」
(災害メカニズム解明、事前の対策、災害発生から復旧・復興までSDGsに貢献する研究)

※平成20年度から公募開始

防災分野  防災及び減災は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)において、目標11「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」や目標13「気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る」に示されているように、重要な地球規模課題のひとつです。このように安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市・社会の実現を目指すためには、現地のニーズをよく踏まえ、成果の社会への還元が期待される研究を行うことが必要です。その際、日本の経験、知見を生かすとともに、研究開発を日本国内だけでなく、全地球的な枠組の中で総合的・組織的に展開していくことが重要です。2015年3月の第3回国連防災世界会議における「仙台防災枠組2015-2030」や「仙台防災協力イニシアティブ」等では、防災政策と科学研究との連携、技術移転を含む開発途上国支援等が謳われています。また、同年12月に第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にも、防災面での国際的な目標や貢献について記されており、防災・減災に関する研究は国内外で広く重要なものとして認識されています。

 こうした中で、当該研究領域においては、地震、津波、火山噴火、暴風、高潮、洪水、干ばつ、地すべり等の自然災害とともに、都市化に伴う様々な社会問題、例えば、人口が稠密な都市部における大規模な火災、水害、交通災害、社会インフラの損傷、コンビナートの大事故等の防災・減災(復旧・復興を含む)に関する研究を対象とします。災害の発生メカニズムの分析・解明、これまでの防災対策の再検証やリスクコミュニケーションの在り方の検証等も含め、災害事象の発生と予測、その対策や社会実装に向けた道筋までをも総合的に取扱うことが重要です。また、防災・減災から復旧・復興の過程において、特に、女性、子ども、障害者等の災害の影響を受けやすい人々に配慮をすることも必要です。この意味でも、SDGs目標5「ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る」の視点からの取組を含むような提案を歓迎します。

 主な研究課題の例は以下の通りですが、これら以外であっても上記の趣旨に合致する課題であれば研究対象となります。

  • 地震・津波・火山噴火・暴風・高潮・洪水・干ばつ・地すべり等の自然現象の災害メカニズムの解明及びこれらの災害に対する被害軽減方策に関する研究
  • 都市化に伴い深刻化する大規模災害(火災、水害、ライフライン・交通網などの社会インフラの損傷等)に対する被害軽減方策に関する研究
  • 自然災害、人的災害に強く、レジリエントな社会インフラを有する都市の構築及び維持管理に関する研究
  • 災害情報を収集・整理し、効果的に提供・利用し、地域や都市の防災・減災に資する研究(災害監視衛星、GPS、ICT、GIS等の利用技術開発を含む)

4.感染症分野
※感染症分野の研究課題は平成27年度より日本医療研究開発機構(AMED)に移管(平成26年度までに終了した課題を除く)

5)研究領域「開発途上国のニーズを踏まえた感染症対策研究」

※平成20年度から公募開始

感染分野  HIV/エイズ、エボラ出血熱、マラリア、デング熱、結核、高病原性鳥インフルエンザ、狂犬病、カルバぺネムやコリスチンなどの薬剤耐性菌などの新興・再興感染症は、開発途上国において健康への脅威となるだけでなく、社会・経済開発への重大な阻害要因の一つとなっています。各国間での人と物の往来が頻繁になっている現在においては、開発途上国のみの問題にとどまりません。このため、国境を越えて迅速に伝播しうる感染症に関する国際協力を強化することが求められています。感染症領域における地球規模課題解決のための研究開発としては、以下の例などの取組が挙げられます。

  • 高病原性鳥インフルエンザ、狂犬病などの人獣共通感染症に関する研究開発
  • HIV/エイズ、エボラ出血熱、マラリア、デング熱、結核、カルバぺネムやコリスチンなどの抗菌薬
  • 耐性菌等の新興・再興感染症の疫学、診断、予防、治療等に関する研究開発

注釈:全ての分野に共通することとして、本プログラムでは治験等及び医療行為そのものは共同研究の対象とせず、また研究によっては倫理的配慮も求められますので留意ください。