SATREPSについて

JSTトップSATREPSホームSATREPSについてSATREPSとは

SATREPSとは

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム

Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development

SATREPS(サトレップス)とは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)新規ウィンドウで開く独立行政法人国際協力機構(JICA)新規ウィンドウで開くが共同で実施している、地球規模課題(注釈1)解決のために日本と開発途上国の研究者が共同で研究を行う3~5年間の研究プログラムです。

(注釈1)地球規模課題:一国や一地域だけで解決することが困難であり、国際社会が共同で取り組むことが求められている課題(環境・エネルギー問題・自然災害(防災)・感染症・食糧問題など)

プログラム設立の背景

 今日、地球温暖化や感染症対策を始め、科学技術の更なる発展なしには解決の兆しが見えない、グローバルな課題の脅威が急激に増してきています。その解決のための新たな技術の開発・応用や新しい知見の獲得、そしてイノベーションへと発展するためには、研究コミュニティの積極的なコミットメントが必要不可欠です。地球規模課題は単にひとつの国や地域にとどまらず、各国(日本を含む)自らの課題であることは明白です。特に影響を受けやすい状況にある途上国では、ローカルなニーズに基づく研究開発が必要とされており、我が国の優れた科学技術への期待が高まっています。
 同時に、人材育成を含めこれらの課題に総合的に対処する能力、持続的発展のための科学技術力向上(大学・研究機関等の自立的な研究開発能力の向上や課題解決に向けて持続的な活動を推進する体制の構築)も、途上国にとって急務となっています。そして、日本を含む我々人類社会が持続可能な発展を遂げるため、また、日本の研究コミュニティにとっても日々重要性が増しているこのような研究を推進する上でも、開発途上国との研究協力の強化が必要不可欠になっています。

概要

SATREPSは、JSTとJICAが連携し以下3つのポイントの達成を目指しています。


日本と開発途上国との国際科学技術協力の強化


地球規模課題解決のための新たな技術の開発・応用および科学技術水準の向上につながる新たな知見の獲得


キャパシティ・ディベロップメント

キャパシティ・ディベロップメント:国際共同研究を通じた開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築、また、地球の未来を担う日本と途上国の人材育成とネットワークの形成

これまで、個別に取り組まれてきたもの同士が手を取り合うことによって生まれる相乗効果を狙った、一石三鳥のプログラムです。

科学・技術の振興

  • 研究・開発、イノベーションの促進

国際協力

  • ODA・開発援助

グローバルなニーズへの対応

  • 地球規模課題の解決とそれに対する科学技術コミュニティの貢献

ローカルなニーズへの対応

  • 開発途上国においてローカルなニーズとして露見している課題への対応&キャパシティ・ディベロップメント

日本の能力とパワー

  • 世界をリードする高い技術力とこれまでの研究実績
  • ソフトパワー

途上国の能力とポテンシャル

  • 地球規模課題の研究フィールドや対象物、関連データや経験・知見
  • 新たな市場・産業、グローバル・エコノミーへの貢献のチャンス

▼プロジェクト実績

2008年4月以降、計7回研究プロジェクトを募集・選考しています。
世界41か国で87プロジェクトを採択しています。

地域名 実施国数 プロジェクト数
アジア 14か国 47プロジェクト
アフリカ 14か国 20プロジェクト
中南米 8か国 15プロジェクト
その他 5か国 5プロジェクト

詳しい研究内容については、研究課題一覧をご覧下さい。

▼プロジェクトの規模

JST+JICA総額:1課題あたり1億円程度/年JST:1課題あたり3.6千万円程度/年

JSTとJICAの連携

SATREPSでは、JSTとJICAが連携してプロジェクトを行います。
具体的には、日本国内等、相手国内以外で必要な研究費についてはJSTが委託研究費として支援し、相手国内で必要な経費(注釈3)については、JICAが技術協力プロジェクト実施の枠組みにおいて支援します。国際共同研究全体の研究開発マネジメントは、国内研究機関へのファンディングプロジェクト運営ノウハウを有するJSTと、開発途上国への技術協力を実施するJICAが協力して行います。

(注釈3)JICAからの経費は技術協力プロジェクトによる支援であるため、相手国側の自助努力が求められます。したがって、相手国側の人件費、相手国における事務所借上費、相手国側が使用する消耗品、相手国側研究者の相手国内旅費等は、原則として相手国側負担となります。また、研究に必要な設備・資機材についても、相手国側による負担や既存の設備・備品の活用を求め、真に必要な支援に絞り込みます。


 平成26年度 SATREPS研究課題募集
研究課題一覧

研究機関の皆さま

  • 研究分野・研究領域

    SATREPSが課題として取り組んでいる研究分野をご説明します。

  • 研究提案の公募

    SATREPS研究提案の公募に関する情報を掲載しています。

  • 委託研究

    委託研究契約に係る書類や参考資料を公開しています。

  • Q&A

    公募に関する事など、よくあるご質問を集めました。


お問い合わせ先

独立行政法人 科学技術振興機構
国際科学技術部
地球規模課題協力グループ
電話:03-5214-8085
mail

〒102-0076 東京都千代田区五番町7
東京本部別館(K’s五番町)8F
アクセスマップ