JSTトップ > JST復興促進センター > 事業内容 > 研究成果最適展開支援プログラムA-STEPハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)

研究成果最適展開支援プログラムA-STEPハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)【マッチング促進】

最終更新日:平成28年3月31日

 「復興促進プログラム(マッチング促進)」は平成25年度募集分より正式名称を「A-STEPハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)」に変更しました。

(1)概要

 JST復興促進センター仙台事務所、盛岡事務所、郡山事務所に配置するマッチングプランナーが産学官連携支援機関の協力のもとに、被災地企業のニーズを発掘し、これを解決できる被災地を始めとした大学等の技術シーズとマッチングし、産学共同研究を実施します。研究費規模に応じて、2つのタイプ(タイプI、タイプII)に分かれます。

A-STEPハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)の事業概要は、平成24年度に課題募集を行いました復興促進プログラム(マッチング促進)と同一です。

タイプT・タイプU
事後評価
平成26年度終了課題
(2)プログラム・オフィサー(PO)

 プログラムの適切な運用(研究開発課題の評価、評価プロセスの適切な管理・質の向上・見直し、優れた研究開発の支援など)を行うため、各事務所にPOを配置しています。

【盛岡事務所】
古澤 眞作(前・盛岡商工会議所 専務理事)

【仙台事務所】
鈴木 康夫(宮城大学 地域連携センター 教授)

【郡山事務所】
小沢 喜仁(福島大学 副学長(地域連携担当)・地域創造支援センター長)

(3)申請受付期間 (受付は終了しました)

(締切)平成26年6月2日(月)正午

応募は府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による電子申請となります。

(4)申請者の要件

JSTマッチングプランナー、被災地企業と全国の大学、高専、公設試等(大学等)の研究者の共同申請
申請を希望される際には各事務所までご相談ください。

(5)研究開発費(1課題あたり)
研究開発費(1課題あたり)
タイプI 基準額300万円(最大500万円)(マッチングファンド形式)
(6)研究期間

契約日〜最長平成27年3月末まで

(7)公募・選考スケジュール(予定)
申請受付期間 平成26年4月28日(月)〜6月2日(月)正午
書類審査 募集締切後1ヶ月程度
面接審査 タイプT:原則なし(ただし、POが必要と判断した場合は実施することがあります。)
審査結果通知 募集締切から約2ヶ月後
研究開始 募集締切から約3ヶ月後
(8)公募要領および課題申請書(様式)

以下よりダウンロードしてください。

申請要領および課題申請書(様式)
公募要領【全文】 公募要領_ A-STEPハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)(1.7MB)
課題申請書(様式) 課題申請書(様式)A-STEPハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)(360KB)
(9)申請方法

マッチングプランナーと事前相談の上、必要書類を作成し期日までにe-Radにて提出いただきます(郵送不要)。e-Radの利用方法等については、公募要領でご確認ください。

(10)採択後の提出書類

採択が決定しましたら、担当のマッチングプランナーと相談の上、必要書類を作成し、ご提出いただきます。

事業内容

  • 研究成果最適展開支援プログラム
  • 復興促進プログラム