TOP > > 喜連川 優
超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価
喜連川 優 研究者からのメッセージ 動画:00分57秒 研究内容の紹介 動画:04分18秒 人物紹介 動画:05分38秒 研究者へのホームページ
研究の進捗状況インタビュー
研究者からのメッセージ2010年度 研究内容の紹介2010年度
代表的なデータベースの処理にターゲットを絞った機能限定版のデータベースエンジンでの実験を終え、データベースエンジンの本格化に向けてソフトウェア設計と実装に取り組んでいます。

最先端ITを駆使して爆発する大量情報から価値の雫を創出する

「非順序型実行原理」という新しいITの理論に基づいて、あふれかえる膨大なデータを高速に処理するソフトウェアを開発。更に、それを用いて新たな社会サービスの構築に繋げます。

情報は活用しないと意味がない。膨大なデータを
高速かつ縦横無尽に解析することにより、
新たな社会サービスが誕生する!
膨大なデータに裏付けされた新しい社会サービスがITの手によって次々と誕生しています。しかし、現在の商用のデータベースシステムでは、膨大なデータを処理するのに多くの時間が必要とされるため、実際の利用に耐えられなくなる状況が訪れつつあり、この大規模化の傾向はますます加速しています。このプロジェクトでは、「非順序型実行原理」という新しいITの理論に基づき、従来のソフトウェアと比べて圧倒的に速い「最高速データベースエンジン」というソフトウェアを開発しています。また、このソフトウェアを核として、さまざまなバーティカル分析ソフトウェアを開発し、膨大なデータを活用することにより可能となるであろう次世代の戦略的社会サービス(サイバーフィジカルサービス)の実証システムを構築しています。


情報融合炉:超巨大データベースからの
価値創出プラットフォーム

ITの進展によって、私たちの暮らす実世界のさまざまな事柄がインターネットやセンサネットワークを通じてデジタルデータ化されるようになってきました。あふれかえる膨大なデータは、それを精緻かつ徹底的に解析することによって、社会システムの抜本的な変革と新しい社会サービスの誕生に繋がるものと強い期待が寄せられています。本プロジェクトで構築を進めている、最高速データベースエンジンを核とする「情報エネルギー生成基盤」は、超巨大データベースに対する比類ない解析能力を以って、次世代の社会プラットフォームとして中核的な役割を果たすでしょう。


戦略的社会サービス Cyber-Physical Service 研究者からのメッセージ 研究内容の紹介 研究者のホームページ