ホーム > アートな科学 > 詳細記事

アートな科学

【アートな科学007】  〜JSTの研究開発課題の中の美しい1枚をご紹介します〜

機械仕掛けの生命体


無断使用を禁ず

【解説】

私たちの身体は、何種類もの細胞が積み重さなって作られています。

このような異種細胞の層構造を持った高密度の厚い組織を、人工的に再現することは今まで困難でした。

私たちの研究では、微細な加工技術を使って細胞をあたかもネジやバネ、歯車といった規格化された部品のように加工し、この「部品」を組み合わせて、人工的な組織を緻密かつ高速に組み立てることを目指しています。

将来、このような人工組織の実現を可能にし、人々の役に立つ新しい分野のモノ作りの研究を伝えるために、生命の象徴である心臓をモチーフにコンピュータグラフィックスで描きました。

【JST課題名・研究者名】
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)
研究領域「竹内バイオ融合プロジェクト」
研究代表者:竹内 昌治 教授(東京大学生産技術研究所)

作成者:佐藤 暁子 研究員(ERATO)