ホーム > アートな科学 > 詳細記事

アートな科学

【アートな科学006】  〜JSTの研究開発課題の中の美しい1枚をご紹介します〜

生命に潜む華


無断使用を禁ズ

【解説】

前衛的な生け花を思わせる1枚の絵の中に、よくよく見ると赤血球が散りばめられています。

あれ、と思うと、芯を貫くまっすぐな竹のような柱は、脊椎がモチーフと気づく。

藤色の球を珊瑚のように取り巻くのは、不思議なYの字のつらなり――
細胞表面で病原体を見分ける抗体ではないか、と察知した方もいることでしょう。

そして華やぎをキリリと締める白く細い帯は、ほどけたたんぱく質なのです。

生命現象を研究するさまざまな分野が、分子生物学の中で階層をなしているように、
我々を作り上げているさまざまな美しい生体内の物質を、宇宙空間のように表現しました。

【JST課題名・研究者名】
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)
研究領域「竹内バイオ融合プロジェクト」
研究代表者:竹内 昌治 教授(東京大学生産技術研究所)

作成者:佐藤 暁子 研究員(ERATO)