topイメージ

湊離散構造処理系プロジェクト

プロジェクトホームページ

研究総括 湊 真一<br />
(北海道大学 大学院情報科学研究科 教授)<br />
研究期間 2009年〜2014年<br />
<br />
計算機は、産業プロセスの最適化や解析、マーケティング、バイオインフォマティクスなど、様々な情報処理に活用されています。近年の爆発的に増大している大規模データを処理するためには、計算機ハードウェアの高速化だけでなく、膨大な離散構造データ(計算機が行う論理的な処理を表現したデータ)を数学的に簡約化し効率よく計算する「アルゴリズム技術」の重要性が高まっています。<br />
 本研究領域では、基本的な離散構造の1つである論理関数を処理するBDD(Binary Decision Diagram:二分決定グラフ)と、さらにその進化形であるZDD (Zero-Suppressed BDD; ゼロサプレス型BDD)の2つの技法を基盤とした離散構造処理系の研究に取り組みます。ZDDは、研究総括が独自に考案したBDDの進化形で、疎な組合せの集合を効率よく処理する技法として世界的にも注目されています。これらの技法をさらに発展させ、多様な離散構造を統合的に演算処理する技法を体系化し、システム検証や最適化、データマイニング、知識発見などを含む分野横断的かつ大規模な実問題を高速に処理するための技術基盤を構築します。開発した処理系の実装技術は、国内外の研究者や産業界が利用しやすい形で提供していきます。

研究総括 湊 真一
(北海道大学 大学院情報科学研究科 教授)
研究期間 2009年〜2014年

計算機は、産業プロセスの最適化や解析、マーケティング、バイオインフォマティクスなど、様々な情報処理に活用されています。近年の爆発的に増大している大規模データを処理するためには、計算機ハードウェアの高速化だけでなく、膨大な離散構造データ(計算機が行う論理的な処理を表現したデータ)を数学的に簡約化し効率よく計算する「アルゴリズム技術」の重要性が高まっています。
 本研究領域では、基本的な離散構造の1つである論理関数を処理するBDD(Binary Decision Diagram:二分決定グラフ)と、さらにその進化形であるZDD (Zero-Suppressed BDD; ゼロサプレス型BDD)の2つの技法を基盤とした離散構造処理系の研究に取り組みます。ZDDは、研究総括が独自に考案したBDDの進化形で、疎な組合せの集合を効率よく処理する技法として世界的にも注目されています。これらの技法をさらに発展させ、多様な離散構造を統合的に演算処理する技法を体系化し、システム検証や最適化、データマイニング、知識発見などを含む分野横断的かつ大規模な実問題を高速に処理するための技術基盤を構築します。開発した処理系の実装技術は、国内外の研究者や産業界が利用しやすい形で提供していきます。

(graph1)

研究グループ

離散構造処理基盤グループ
統計・マイニング応用グループ
機械学習・制約充足応用グループ

プロジェクト事務所

〒060-0814 北海道札幌市北区北14条西9丁目 北海道大学情報科学研究科C306号室

技術参事:白井康之
事務参事:齊藤 彰
事務員:渡辺幸恵

TEL:011-728-8270
FAX:011-728-8277