topイメージ

彌田超集積材料プロジェクト

プロジェクトホームページ

研究総括 彌田(いよだ) 智一<br />
(東京工業大学 資源化学研究所 教授)<br />
研究期間 2010年10月〜2016年3月<br />
<br />
新材料の発見・創製は、科学技術や産業上、極めて重要で、今日までに金属、セラミックス、プラスチック、半導体などさまざまな性質の新材料が開発されてきました。これまでの新材料の創製は、主に新しい性質が偶発的に発見された物質の周辺の探索・最適化で行われており、合理的な新機能の設計や新材料の探索は容易ではありませんでした。一方、ハイブリッド材料は成分の組み合わせだけでも無限の可能性があるものの、個々の構成成分の性質を併せ持つ程度の複合機能に留まっていました。<br />
<br />
 本プロジェクトは、ナノテンプレート(ナノスケールの鋳型)を利用することで、各構成成分の精密な配置・配列を実現し、各成分同士の相互作用を精密に制御することで、単なる成分の足し合わせ以上の性質をもつ材料(超集積材料)の創出を目指します。ここで用いるナノテンプレートは人工的なものだけでなく、微生物がもつような複雑な構造も利用し、より高度な相互作用の制御を目指します。さらに、分子配線技術をナノテンプレートを利用して開発し、分子で回路を作ることで、その回路自体が1つの新材料であるという概念も提唱します。このような新材料創出の新しい方法論を確立することで、合理的に新材料を探索することが可能となり、材料探索への大きなブレークスルーが期待されます。

研究総括 彌田(いよだ) 智一
(東京工業大学 資源化学研究所 教授)
研究期間 2010年10月〜2016年3月

新材料の発見・創製は、科学技術や産業上、極めて重要で、今日までに金属、セラミックス、プラスチック、半導体などさまざまな性質の新材料が開発されてきました。これまでの新材料の創製は、主に新しい性質が偶発的に発見された物質の周辺の探索・最適化で行われており、合理的な新機能の設計や新材料の探索は容易ではありませんでした。一方、ハイブリッド材料は成分の組み合わせだけでも無限の可能性があるものの、個々の構成成分の性質を併せ持つ程度の複合機能に留まっていました。

 本プロジェクトは、ナノテンプレート(ナノスケールの鋳型)を利用することで、各構成成分の精密な配置・配列を実現し、各成分同士の相互作用を精密に制御することで、単なる成分の足し合わせ以上の性質をもつ材料(超集積材料)の創出を目指します。ここで用いるナノテンプレートは人工的なものだけでなく、微生物がもつような複雑な構造も利用し、より高度な相互作用の制御を目指します。さらに、分子配線技術をナノテンプレートを利用して開発し、分子で回路を作ることで、その回路自体が1つの新材料であるという概念も提唱します。このような新材料創出の新しい方法論を確立することで、合理的に新材料を探索することが可能となり、材料探索への大きなブレークスルーが期待されます。

graph1

研究グループ

  • 転写材料グループ
  • バイオテンプレートグループ
  • 分子回路グループ
  • ナノ接合グループ

プロジェクトヘッドクオーター

〒226−8503 神奈川県横浜市緑区長津田町4259番地
東京工業大学フロンティア研究機構S2棟210 

研究総括補佐:三治 敬信
研究推進主任:山下 利幸
研究推進員:瀬東 真理、中村 奈保子、桝谷 ルミ

TEL:045-924-5233 
FAX:045-924-5277 
E-mail:yokyamashita @jim.titech.ac.jp
※メールの際は画像部分を"@"にご変更願います