topイメージ

秋吉バイオナノトランスポータープロジェクト

プロジェクトホームページ

研究総括 秋吉 一成<br />
(京都大学大学院工学研究科 教授)<br />
研究期間 2011年10月〜2017年3月<br />
<br />
 生命システムは、自身の体内の状況を診断し、反応、調整、成長、再生するなどの高度な能力を有しています。近年ではこれら生命現象の巧妙な仕組みが分子レベルで明らかになってきました。またこの生体システムに啓発され、類似の機能システムを人工的に設計し応用する研究分野(バイオインスパイアードサイエンス)も発展してきています。これは病気の早期診断・計測、ドラッグデリバリーシステム(DDS)治療、再生医療などの先進医療を推進する上で重要となっている次世代バイオマテリアル開発にブレイクスルーをもたらす新たな概念です。例えば、生体内で免疫活性情報伝達を行う物質を、体外から導入し適切な場所で機能させることができれば、安全なバイオ医薬品として臨床上有効となることが期待されています。<br />
 本プロジェクトでは生体分子システムを規範として、種々のバイオ医薬品や分子マーカーの徐放制御や選択的輸送を行える機能性ナノ微粒子(バイオナノトランスポーター)を(1)ナノゲルテクトニクス工学、(2)プロテオリポソーム工学、(3)エキソソーム工学の3つの観点から創製することで、バイオ診断・計測やがん免疫治療、細胞工学や骨再生医療などの医療応用を目指します。

研究総括 秋吉 一成
(京都大学大学院工学研究科 教授)
研究期間 2011年10月〜2017年3月

 生命システムは、自身の体内の状況を診断し、反応、調整、成長、再生するなどの高度な能力を有しています。近年ではこれら生命現象の巧妙な仕組みが分子レベルで明らかになってきました。またこの生体システムに啓発され、類似の機能システムを人工的に設計し応用する研究分野(バイオインスパイアードサイエンス)も発展してきています。これは病気の早期診断・計測、ドラッグデリバリーシステム(DDS)治療、再生医療などの先進医療を推進する上で重要となっている次世代バイオマテリアル開発にブレイクスルーをもたらす新たな概念です。例えば、生体内で免疫活性情報伝達を行う物質を、体外から導入し適切な場所で機能させることができれば、安全なバイオ医薬品として臨床上有効となることが期待されています。
 本プロジェクトでは生体分子システムを規範として、種々のバイオ医薬品や分子マーカーの徐放制御や選択的輸送を行える機能性ナノ微粒子(バイオナノトランスポーター)を(1)ナノゲルテクトニクス工学、(2)プロテオリポソーム工学、(3)エキソソーム工学の3つの観点から創製することで、バイオ診断・計測やがん免疫治療、細胞工学や骨再生医療などの医療応用を目指します。

研究グループ

  • ナノゲルテクトニクス工学グループ
  • プロテオリポソーム工学グループ
  • エキソソーム工学グループ

プロジェクトヘッドクオーター

〒615-8530 京都市西京区京都大学桂  
京都大学工学研究科附属桂インテックセンター302号室

研究推進主任:奥村 成和
研究推進員:野田 佳奈子

TEL:075-383-2152
FAX:075-383-2154