安達分子エキシトン工学プロジェクト

プロジェクトホームページ

研究総括 安達 千波矢

研究総括 安達 千波矢
(九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター センター長/教授)
研究期間 2013年12月~2019年3月

半導体機能を発現する有機分子を集積した有機光デバイスは、現在、さまざまな用途での製品開発が進められており、新しい光エレクトロニクス技術として期待されています。特に有機材料に電流を流すことで光を発生させる有機EL(Electroluminescence)製品は、高精細ディスプレイや照明用などへの実用化が急速に進みつつあります。しかしながら、現在の有機ELは、低消費電力化や低コスト化など、さらなる特性の向上が必要とされています。さらに、有機ELを基点に、次世代の有機光デバイスの開発を目指して、必要な機能発現を目指した新しい分子設計の開拓が期待されています。
このような背景のもと、本プロジェクトでは、主に有機固体薄膜中における各種励起子(エキシトン)の基礎過程に焦点を当て、未開拓の分子エキシトン過程の制御により高性能デバイスを実現するという視点から、新材料創製を目指します。具体的には、励起一重項・三重項エネルギーレベルの精密制御、放射失活・熱失活過程の制御、エキシトン拡散過程と励起子間相互作用などを制御し、有機半導体レーザーなどの新しい光エレクトロニクスデバイスの創製を目指します。さらに、生体システムの光化学・電子伝達システムを利用した新しい発光機構デバイスの構築も目指します。
これらの研究開発により、新しい光物理過程での理論・新材料の創出が進み、有機ELデバイスの基本性能向上や、情報通信用の新しい光源など、従来では実現不可能と考えられていたデバイスの創製、さらには、バイオエレクトロニクスの端緒を築くことが期待されます。本プロジェクトで、新しい概念を拡張しながら「分子エキシトン工学」を確立し、高性能光デバイスを開拓していきます。

 

研究グループ

・分子設計・合成グループ

・応用デバイスグループ

・物性・解析グループ

 

プロジェクトヘッドクオーター

〒819-0395
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター
研究推進主任:工藤 真弓
研究推進員:パッツキャベジ ウィリアム、笹川 麗、古後 真紀子、松尾 美保子
TEL:092-802-6920
FAX:092-802-6921