稲見自在化身体プロジェクト

プロジェクトホームページ

Inami_portrait

研究総括 稲見 昌彦
(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)
研究期間 2017年10月~2023年3月
グラント番号:JPMJER1701

 

IoT、人工知能(AI)、バーチャルリアリティ(VR)など情報技術は目覚ましく発展しています。これまで、人間は自然環境を物理的に構造化することで農地や都市を形成し、情報的に構造化することで情報環境を構築してきました。しかしながら、物理的あるいは情報的な環境の飛躍的な進展に対し、その環境の中で生活する主体である人間自身の身体は変化していません。

稲見自在化身体プロジェクトでは超スマート社会に適応可能な「自在化身体」を構築する技術基盤を確立することを目指します。「自在化」と位置づけられる技術開発は、人間がロボットやAIと「人機一体」となり、自己主体感を保持したまま行動することを支援し、人間の行動の可能性を大幅に広げると考えられます。

自在化身体を実現するために、身体・行動のシステム的な理解に基づき、VR・ヒューマンアシスティブロボット・ウェアラブルコンピューティング・脳情報デコーディング・機械学習などを用いて、人間と情報環境との関係性を柔軟に設計する「身体性編集」に関する基礎的知見の解明と設計指針を確立します。さらに、設計した自在化身体およびそれがもたらす心と社会の変容を、実社会とバーチャル社会において検証します。

 

InamiPJ_fig_jp

 

研究グループ

・自在化身体構築グループ
・認知心理・行動グループ
・システム知能・神経機構グループ

 

プロジェクトヘッドクオーター

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 工学部6号館2階240号室
TEL: 03-5841-8695