水島細胞内分解ダイナミクスプロジェクト

プロジェクトホームページ

Mizushima_portrait

研究総括 水島 昇
(東京大学 大学院医学系研究科 教授)
研究期間:2017年10月~2023年3月
グラント番号:JPMJER1702

 

細胞内ではタンパク質やオルガネラなどの合成と分解が絶えず起こっており、このダイナミックな代謝回転は、細胞恒常性、分化、環境適応などに重要です。主要な分解経路のひとつであるオートファジーは多くの真核生物に備わっているシステムで、タンパク質だけでなくオルガネラのようなより大きな標的も分解します。オートファジーは基本的には非選択的な分解系ですが、一部の標的については選択的に分解することもできます。しかし、オートファジーによる分解の体系的および定量的理解はいまだ不十分です。オートファジーは老化やヒト疾患とも関係しうるため、これまで以上に深い理解が求められています。

本プロジェクトでは、オートファジーによるタンパク質とオルガネラの分解を中心に、オートファジーの革新的定量解析法開発、新規オルガネラ単離技術開発、脊椎動物での細胞内分解の意義の包括的理解、数理・物理学的手法を用いたオートファジー過程のモデル化、分子進化的視点に基づいたオートファジー機構の理解を目指します。これらの技術開発や解析は、細胞生物学、細胞生理学を中心とした幅広い基礎研究分野への波及効果とともに、細胞内代謝回転が関連する疾患の理解や治療戦略への展開が期待されます。

 

MizushimaPJ_fig_jp

研究グループ

・オルガネラ動態解析グル-プ
・生理・分子機能解析グル-プ
・数理モデリンググル-プ
・分子進化グループ

 

プロジェクトヘッドクオーター

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 大学院医学系研究科 分子生物学分野
TEL: 03-5841-3440
FAX: 03-3815-1490

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望