JST > 戦略的創造研究推進事業 > ERATO
ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学犠実推進事業
TOP お問い合わせ サイトマップ English
HOME ERATOとは 研究プロジェクト 評価 募集について
HOME > 研究プロジェクト > 終了プロジェクト > 加藤たん白生態プロジェクト > 論文リスト
論文リスト

加藤たん白生態プロジェクト(2000年12月現在)

I. Papers
  1. Kamemura, K.; Kato, S. Detection of lectins using ligand blotting and polyacrylamide-type glycoconjugate probes. Anal. Biochem. 258, 305− 310 (1998).
  2. Kim, N?S.; Yamaguchi, T.; Sekine, S.; Saeki, M.; Iwamuro, S.; Kato, S. Cloning of human polyubiquitin cDNAs and a ubiquitin-binding assay involving its in vitro translation product. J. Biochem. 124, 35− 39 (1998).
  3. Osaka, F.; Kawasaki, H.; Aida, N.; Saeki, M.; Chiba, T.; Kawashima, S.; Tanaka, K.; Kato, S. A new Nedd8-ligating system for Cullin-4A. Genes Dev. 12, 2263 −2268 (1998).
  4. Yokoyama-Kobayasi, M.; Yamaguchi, T.; Sekine, S.; Kato, S. Selection of cDNAs encoding putative type II membrane proteins on the cell surface from a human full-length cDNA bank. Gene. 228, 161− 167 (1999).
  5. Komuro, A.; Saeki, M.; Kato, S. Npw38, a novel nuclear protein possessing a WW domain capable of activating basal transcription. Nucleic Acids Res. 27, 1957 −1965 (1999).
  6. Iwamuro, S.; Saeki, M.; Kato, S. Multi-ubiquitination of a nascent membrane protein produced in a rabbit reticulocyte lysate. J. Biochem. 126, 48 −53 (1999).
  7. Komuro, A.; Saeki, M.; Kato, S. Association of two nuclear proteins, Npw38 and NpwBP, via the interaction between the WW domain and novel proline-rich motif containing glycine and arginine. J. Biol. Chem. 274, 36513 −36519 (1999).
  8. Hori, T.; Osaka, F.; Chiba, T.; Miyamoto, C.; Okabayashi, K.; Shimabara, N.; Kato, S.; Tanaka, K. Covalent modification of all members of human Cullin family proteins by Nedd8. Oncogene. 18, 6829− 6834 (1999).
  9. Osaka, F.; Saeki, M.; Katayama, S .; Aida, N.; Toh-e, A.; Kominami, K.; Toda, T.; Suzuki, T.; Chiba, T.; Tanaka, K.; Kato, S. Covalent modifier Nedd8 is essential for SCF ubiquitin-ligase in fission yeast. EMBO Journal. 19, 3475− 3484 (2000).
  10. Ito, K.; Takeuchi, Y.; Ito, K.; Kato, S. Strain-dependent antibody response induced by DNA immunization. Immunol. Lett. 74, 245− 250 (2000).
  11. Kim, J.-K.; Ryll, R.; Ishizuka, Y.; Kato, S. Identification of cDNAs encoding two novel nuclear proteins, IMUP-1 and IMUP-2, upregulated in SV40-immortalized human fibroblasts. Gene. 257, 327− 334 (2000).
  12. Kamemura, K.; Kato, S. Rabbit muscle cytosolic creatine kinase is partially O-glucosylated. submitted.
  13. Eguchi, C.; Kato, S. Multi-spot formation during two-dimensional electrophoresis is due to chemical modification by urea during isoelectric focusing. submitted.
II. Meetings
  1. Kato, S.; Sekine, S.; Yamaguchi, T.; Aida, N.; Saeki, M. Analysis of the cap site sequence of full-length cDNA clones isolated from human liver cDNA library. Human Genome Meeting ‘97, Toronto, March 6− 8, 1997, 32.
  2. Kato, S. The cytoprotein network project: solving a protein jigsaw puzzle. Beyond the Human Genome Project From Genes to Proteins, San Francisco, June 9 −10, 1997.
  3. 加藤誠志 . 遺伝子解析から蛋白質ネットワーク解析へ ?蛋白質ジグソーパズルを解く . 文部省 重点領域研究: 分子系超構造の設計・創成 第5回全体会議 , 福岡 , July 3−4, 1997, 45.
  4. 小室晃彦 ; 佐伯美帆呂 ; 加藤誠志 . WWドメインを持つ新規核蛋白質の機能解析 . 第 70回日本生化学会大会 , 金沢 , Sep. 22−25, 1997, 548.
  5. 亀村和生 ; 加藤誠志 . リガンドブロッティングによる簡便かつ高感度レクチン検出法の開発 . 第 70回日本生化学会大会 , 金沢 , Sep. 22−25, 1997, 808.
  6. 小林みどり ; 加藤誠志 . シグナルアンカー配列をコードする cDNAの検出法 . 第 70回日本生化学会大会 , 金沢 , Sep. 22−25, 1997, 853.
  7. 伊藤巧一 ; 竹内康雄 ; 佐伯美帆呂 ; 小幡文弥 ; 伊藤京子 ; 加藤誠志 . 遺伝子免疫による抗体作製の試み . 第 27回日本免疫学会・学術集会 , 札幌 , Oct. 29−31, 1997, 350.
  8. 小林みどり ; 加藤誠志 . 動物培養細胞発現系を用いたマルチスパン型膜蛋白質のトポロジー解析 . 第 20回日本分子生物学会年会 , 京都 , Dec. 16−19, 1997, 314.
  9. 岩室祥一 ; 逢坂文男 ; 佐伯美帆呂 ; 加藤誠志 . インビトロ翻訳時にみられる新生蛋白質へのペプチド性小分子の付加 . 第 20回日本分子生物学会年会 , 京都 , Dec. 16−19, 1997, 324.
  10. 江口睦志 ; 岩室祥一 ; 加藤誠志 . ヒト完全長 cDNAから得られるインビトロ翻訳産物の2次元電気泳動法による解析 . 第 20回日本分子生物学会年会 , 京都 , Dec. 16−19, 1997, 328.
  11. 海原千歳 ; 加藤誠志 . アフリカツメガエル卵母細胞中の RNA?蛋白質複合体の精製と性質 . 第 20回日本分子生物学会年会 , 京都 , Dec. 16−19, 1997, 357.
  12. 小室晃彦 ; 佐伯美帆呂 ; 加藤誠志 . WWドメインをもつ新規核蛋白質 hp10345は転写関連因子か? 第20 回日本分子生物学会年会, 京都, Dec. 16 −19, 1997, 369.
  13. 加藤誠志 ; 関根伸吾 ; 山口知子 ; 中村修子 ; 會田理子 ; 佐伯美帆呂 . ホモ・プロテイン cDNAバンク ’ 97−蛋白質を観る− . 第 20回日本分子生物学会年会 , 京都 , Dec. 16−19, 1997, 618.
  14. 亀村和生 ; 小室晃彦 ; 加藤誠志 . ガレクチンの細胞質リガンドの探索 . 第 20回日本分子生物学会年会 , 京都 , Dec. 16−19, 1997, 650.
  15. 亀村和生 ; 加藤誠志 . グリセルアルデヒド -3-リン酸デヒドロゲナーゼは糖タンパク質である . 日本農芸化学会 1998年度大会 , 名古屋 , March 31−April 3, 1998, 83.
  16. Kato, S. Synthesis of full-length cDNA using a DNA-RNA oligo-capping method. Full-Length cDNA Cloning: A Workshop on Problems and Solutions, New York, March 22 −25, 1998.
  17. Kato, S.; Sekine, S.; Yamaguchi, T.; Aida, N.; Saeki, M.; Kamata, K. Large-scale sequencing analysis of a full-length cDNA library prepared from human gastric adenocarcinoma grown in a SCID mouse. Human Genome Meeting ’98, Turin, March 28 −30, 1998, 31.
  18. Kato, S. Expression profiling based on large-scale sequencing analysis of full-length cDNA library. 1st International Workshop on Advanced Genomics, Tokyo, April 27−28, 1998, 71.
  19. 小林みどり ; 加藤誠志 . 動物細胞発現系を用いた膜蛋白質のトポロジー解析 . 日本膜学会第 20年会講演 , 東京 , May 14−15, 1998, 85.
  20. 加藤誠志 . ホモ・プロテイン cDNAバンク : ゲノムとプロテオームの掛け橋 . Amersham Pharmacia Biotech Symposium, 東京, May 18, 1998, 12 −13.
  21. 逢坂文男 ; 川崎博史 ; 佐伯美帆呂 ; 會田理子 ; 千葉智樹 ; 川島誠一 ; 田中啓二 ; 加藤誠志 . ユビキチン様蛋白質 Nedd8による Cullin-4A (SCFリガーゼサブユニット ) の新規修飾機構 . 第 3回「細胞内蛋白質分解」ワークショップ , 神戸 , July 8−10, 1998.
  22. 逢坂文男 ; 川崎博史 ; 佐伯美帆呂 ; 會田理子 ; 千葉智樹 ; 川島誠一 ; 田中啓二 ; 加藤誠志 . ユビキチン様蛋白質 Nedd8による Cullin familyの新規装飾機構 . 日本遺伝学会第 70回大会 , 札幌 , Sep. 23−25, 1998, 63.
  23. 加藤誠志 ; 鎌田貢壽 . SCIDマウスで増殖させたヒト胃癌転移細胞の発現プロフィール解析 . 第 57回日本癌学会総会 , 横浜 , Sep. 30−Oct. 2, 1998, 348.
  24. 岩室祥一 ; 加藤誠志 . インビトロ翻訳時にみられる細胞内膜系蛋白質のユビキチン化 . 第 71回日本生化学会大会 , 名古屋 , Oct. 14−17, 1998, 843.
  25. 小林みどり ; 加藤誠志 . 動物細胞発現系を用いたシグナル配列機能アッセイ法 : P450 型膜蛋白質への応用 . 第 71回日本生化学会大会 , 名古屋 , Oct. 14−17, 1998, 991.
  26. 小室晃彦 ; 佐伯美帆呂 ; 加藤誠志 . WWドメインをもつ新規核蛋白質 Npw35の転写活性化能と結合蛋白質 . 第 71回日本生化学会大会 , 名古屋 , Oct. 14−17, 1998, 1042.
  27. 逢坂文男 ; 川崎博史 ; 佐伯美帆呂 ; 會田理子 ; 千葉智樹 ; 川島誠一 ; 田中啓二 ; 加藤誠志 . ユビキチン様蛋白質 Nedd8による Cullin familyの新規修飾機構 . 第 71回日本生化学会大会 , 名古屋 , Oct. 14−17, 1998, 843.
  28. 亀村和生 ; 加藤誠志 . グリセルアルデヒド -3-リン酸デヒドロゲナーゼとフルクトース -1 ,6 -ビスリン酸アルドラーゼとの糖鎖を介した相互作用 . 第 71回日本生化学会大会 , 名古屋 , Oct. 14−17, 1998, 918.
  29. Kamemura, K.; Kato, S. Cytoplasmic proteins possessing sugar chains different from O-GlcNAc. International Symposium on Sialobiology and Other Novel Forms of Glycosylation, Taipei, Nov. 9− 13, 1998.
  30. Iwamuro, S.; Kato, S. Post-translational modifications of a polyubiquitin precursor protein and two novel hydrophobic polypeptides in a rabbit reticulocyte lysate. 13 th RINSHOKEN International Conference, RIC ’98, Tokyo, Nov. 25 −27, 149.
  31. Osaka, F.; Kawasaki, H.; Saeki, M.; Aida, N.; Tiba, T.; Kawasima, S.; Tanaka, K.; Kato, S. A new Nedd8-ligating system for Hs-Cullin-4A. 13th RINSHOKEN International Conference, RIC ‘ 98, Tokyo, Nov. 25− 27, 1998, 161.
  32. 加藤誠志 . 蛋白質一次構造の視覚化 ?蛋白相を観る . 第 21回分子生物学会年会 , 横浜 , Dec. 16−19, 1998, 327.
  33. 山口知子 ; 會田理子 ; 佐伯美帆呂 ; 加藤誠志 . ホモ・プロテイン cDNAバンク ’ 98. 第 21回分子生物学会年会 , 横浜 , Dec. 16−19, 1998, 246.
  34. 逢坂文男 ; 川崎博史 ; 佐伯美帆呂 ; 會田理子 ; 千葉智樹 ; 川島誠一 ; 田中啓二 ; 加藤誠志 . ユビキチン様蛋白質 Nedd8による Cullin familyの新規修飾機構 . 第 21回分子生物学会年会 , 横浜 , Dec. 16−19, 1998, 458.
  35. 亀村和生 ; 加藤誠志 . O-GlcNAcとは異なる糖鎖を有する細胞質タンパク質 . 第 21回分子生物学会年会 , 横浜 , Dec. 16−19, 1998, 296.
  36. 江口睦志 ; 岩室祥一 ; 加藤誠志 . 二次元電気泳動において同じ分子量の位置に生じる等電点の異なる複数のスポットの解析 . 第 21回分子生物学会年会 , 横浜 , Dec. 16−19, 1998, 426.
  37. 伊藤巧一 . パーティクルデリバリー法を用いた遺伝子接種による抗体産生および細胞障害性 T細胞の誘導 . 第 21回分子生物学会年会 , 横浜 , Dec. 16−19, 1998, 708.
  38. 伊藤巧一 ; 竹内康雄 ; 伊藤京子 ; 加藤誠志 . パーティクルデリバリー法を用いた遺伝子免疫による抗体産生および細胞傷害性T細胞誘導の検討 . 第 28回日本免疫学総会・学術集会 , 神戸 , Dec. 2−4, 1998, 343.
  39. 小林みどり . ホモ・プロテイン cDNAバンクから創薬へ . 日本薬学会第 119年会 , 徳島 , March 29−31, 1999, 145.
  40. Kato, S. Towards functional analysis of human full-length cDNA clones. Kazusa cDNA Workshop, Kisarazu, March 22− 23, 1999.
  41. Kato, S.; Saeki, M.; Iwamuro, S.; Osaka, F.; Eguchi, C.; Yamaguchi, T. Large-scale in vitro translation analysis of human full-length cDNA clones. Human Genome Meeting ’99, Brisbane, March 27 −30, 1999, 48− 49.
  42. Yokoyama-Kobayasi, M.; Kato, S. Signal sequence and signal anchor detection system for selecting secretory and type II membrane protein cDNAs. The 2nd International Workshop on Advanced Genomics, Chiba, April 27 −28, 1999.
  43. Osaka, F.; Saeki, M.; Aida, N.; Chiba, T.; Tanaka, K.; Kato, S. Covalent modification of Cullin family proteins by a new Nedd8-ligating system. 第6回日本生化学会春季シンポジウム, 鳴門, May 19 −21, 1999, 97.
  44. Eguchi, C.; Kato, S. Two-dimensional gel electrophoresis of in vitro translation products of human full-length cDNA clones. Meeting of the International Council of Electrophoresis Societies ICES ‘ 99, Tokyo, May 25− 28. 1999, 36.
  45. 加藤誠志 .ゲノム・プロテオーム・創薬 . 第 172回有機合成化学懇談会「明日への創薬」 , 神田 , July 30, 1999..
  46. Osaka, F.; Saeki, M.; Aida, N.; Toh-e, A.; Kominami, K.; Toda, T.; Chiba, T.; Tanaka, K.; Kato, S. Covalent modifier Nedd8 is essential for the function of Cdc53/Cullin family proteins in fission yeast. FASEB Summer Research Conferences, Vermont, July 31− Aug. 5, 1999.
  47. Roland, R.; 小林みどり; 石塚芳子; 加藤誠志. 癌抑制遺伝子H-rev107 様新規ヒトcDNA クローンの解析. 第22 回日本分子生物学会年会, 福岡, Dec. 7 −10, 1999, 649.
  48. 逢坂文男 ; 佐伯美帆呂 ; 片山 論; 會田理子; 東江昭夫; 小南鉄一郎; 千葉智樹; 登田 隆; 田中啓二 ; 加藤誠志 . 分裂酵母のNedd8 翻訳後修飾システムは Cullin/Cdc53 family蛋白質群の機能に必須である . 第 22回日本分子生物学会年会 , 福岡 , Dec. 7− 10, 1999, 638.
  49. 佐伯美帆呂 ; 會田理子 ; 藤村尚子 ; 江口睦志 ; 長田直樹 ; 伏見典子 ; 木村知子 ; 加藤誠志 . ヒト完全長 cDNA-GFP融合遺伝子発現による新規ヒト蛋白質の局在解析 . 第 22回日本分子生物学会年会 , 福岡 , Dec. 7− 10, 1999, 280.
  50. 長田直樹 ; 佐伯美帆呂 ; 會田理子 ; 藤村尚子 ; 加藤誠志 . ヒト新規核内蛋白質 Nps20は spliceosome構成成分である . 第 22回日本分子生物学会年会 , 福岡 , Dec. 7− 10, 1999, 366.
  51. 小室晃彦 ; 佐伯美帆呂 ; 加藤誠志 . Npw38の WWドメインと第5の新しい結合配列 , PGRモチーフとの相互作用 . 第 22回日本分子生物学会年会 , 福岡 , Dec. 7− 10, 1999, 605.
  52. 江口睦志 ; 加藤誠志 . 二次元電気泳動におけるマルチスポットの生成は尿素による蛋白質の脱アミド化とカルバミル化に起因する . 第 22回日本分子生物学会年会 , 福岡 , Dec. 7− 10, 1999, 506.
  53. 金 鎮京 ; 加藤誠志 . Bak様蛋白質をコードする cDNAのクローニング . 第 22回日本分子生物学会年会 , 福岡 , Dec. 7− 10, 1999, 436.
  54. 加藤誠志 . ホモ・プロテイン cDNAバンク構想−ゲノムからプロテオームへ− . 東京工大大学院生命理工学研究科 生命情報特別講義第5 ,東京 , Jan. 17−18, 2000.
  55. 長田直樹 ; 伊藤巧一 ; 藤村尚子 ; 伊藤京子 ; 小林みどり ; 加藤誠志 . 遺伝子免疫によるヒト cDNA由来の蛋白質に対する抗体の産生 . 日本農芸化学会 2000年度大会 ,東京 , March 31−April 2 , 2000, 168.
  56. 金 鎮京; ローランド リル ; 石塚芳子 ; 加藤誠志 . 不死化した線維芽細胞で発現昂進する cDNAのクローニング . 日本農芸化学会 2000年度大会 , 東京 , March 31−April 2, 2000, 356.
  57. Kato, S.; Saeki, M.; Eguchi, C.; Aida, N.; Fujimura, N.; Nagata, N.; Kim, J-K.; Fushimi, N.; Kimura, T. Large-scale expression analysis of human full-length cDNA cones using GFP-fusion genes. Human Genome Meeting 2000, Vancouver, April 9−12, 2000.
  58. Nagata, N.; Saeki, M.; Aida, N.; Ishizuka, Y.; Fujimura, N.; Kato, S. Nps20, a novel mammalian spliceosome component that interacts with SF3a60/SAP61. THE FIFTH ANNUAL MEETING of THE RNA SOCIETY, Medison, May 30 −June 4, 2000, 523.  
  59. 広瀬 豊 ; 小室晃彦 ; 加藤誠志 ; 桜庭一美 ; 原田文夫 . リン酸化 RNAポリメラーゼ IIによる mRNA合成諸過程の協調機構 . 第2回 RNA学会年会 , 東京 , July 31− August 1, 2000, 32.
  60. 金 鎮京 ; ローランド リル; 石塚芳子; 加藤誠志. 不死化した細胞で発現昂進している新規RNA 結合蛋白質. 第2回RNA 学会年会, 東京, July 31 − August 1, 2000, 65.
  61. 長田直樹 ; 會田理子 ; 石塚芳子 ; 藤村尚子 ; 加藤誠志 . 新規 spliceosome構成成分 Nps20は SF3a60/SAP61と相互作用する . 第2回 RNA学会年会 , 東京 , July 31− August 1, 2000, 78.
  62. 岩室祥一 ; 杉山友太 ; 加藤誠志 . ヒト完全長 cDNAから得られた新規細胞内膜系タンパク質の細胞局在について . 日本動物学会 , 東京 , Sep. 21−23, 2000, 121.
  63. 加藤誠志 . 完全長 cDNAバンクから蛋白質ネットワークへ ?細胞周期制御に関わる NEDD8経路の発見− . 日本ロシュ(株 ), 鎌倉 , Oct. 3, 2000.
  64. 伊藤巧一 ; 伊藤京子 ; 長田直樹 ; 藤村尚子 ; 三品史江 ; 加藤誠志 . ヒト完全長 cDNA遺伝子免疫による抗体作製の試み . 第 30回日本免疫学会総会・学術集会 , 仙台 , Nov. 14−16, 2000, 335.
III. Reviews and Books
  1. 加藤誠志 . “ ホモ・プロテインcDNA バンク構築から蛋白質ネットワーク解析へ. ” 蛋白質核酸酵素 . 42, 2830−2835 (1997).
  2. 逢坂文男 . “ ユビキチン様蛋白質Nedd8 によるCullin/Cdc53 family 蛋白質群の新しい修飾システム. ” ぷろておりしす 第8号, 文部省科学研究費特定領域研究「細胞内蛋白分解」事務局, (1998) 66−71.
  3. 加藤誠志 . “ ゲノムのロマン. ” 化学と工業 . 52, 17−19 (1999).
  4. 千葉智樹 ; 逢坂文男 . “ ユビキチン様蛋白質とその蛋白質修飾システム. ” 蛋白質核酸酵素 . 44, 744−747 (1999).
  5. 伊藤巧一 ; 加藤誠志 . “ 遺伝子免疫による抗体作製. ” 分子細胞生物学基礎実験法 , 南江堂 , 印刷中 .
  6. 加藤誠志 . “ ゲノムとプロテオームの架け橋−完全長cDNAバンク. ” 化学と工業 . 印刷中 .
前へ戻る
 
独立行政法人
科学技術振興機構 過去のお知らせはこちら ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学技術推進事業 ERATO