JST > 戦略的創造研究推進事業 > ERATO
ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学犠実推進事業
TOP お問い合わせ サイトマップ English
HOME ERATOとは 研究プロジェクト 評価 募集について
HOME > 研究プロジェクト > 進行中プロジェクト > 浅田共創知能システムプロジェクト
浅田共創知能システムプロジェクト
研究総括 浅田 稔
(大阪大学大学院 工学研究科 教授)
研究期間 2005年9月〜2011年3月
過去のお知らせはこちら
 
研究領域
 脳機能の研究は、20世紀後半から活発に行なわれてきていますが、システムの動的な性質に基づいて他の個体を含む外界と相互作用することにより、いかにして脳の機能を実現するかを原理的に明らかにすることが,21世紀の生命科学に課せられた重要な課題であり、従来型の伝統的な脳科学研究の延長線上での発展だけでは不十分です。本プロジェクトで推進する「共創知能」の考え方により、構成的モデルの重要さが認識され、ミクロスコピックに偏りがちであった従来の脳科学、生理学の研究に、よりマクロスコピックな見方が導入され、日本の得意分野であるロボット技術を生かした日本独自の新たな脳科学の研究領域が創出されます。

内容
 「共創知能システム」は、以下の4つのグループから構成されます。一つは、身体と環境のカップリングによる運動知能の創発です。従来の固いセンサーアクチュエータ系では実現困難な生物的な振る舞いをやわらかい皮膚やしなやかな人工筋肉により実現するための運動創発構造を明らかにします。二つ目は、身体的行動から対人コミュニケーションまでを発達的につなぐ認知モデルによるヒトの認知発達過程(他者との共創過程) の構成的理解を目指します。また、社会的コンテキストの中で、アンドロイドを用いたロボットのコミュニケーション能力の実現や複数エージェントの社会発生メカニズムの解明を通じて、コミュニケーション創発過程の機構を明らかにします。4つ目は,脳機能画像計測や臨床検査による構成モデルの検証を通じたヒューマノイドの運動創発、認知モデルの構築ならびに設計へのフィードバックを目指します。これら4つのグループの有機的結合により、新たな領域創出へと踏み出します。

(graph1)
 
構成
研究総括
浅田 稔
(大阪大学大学院 工学研究科 教授)
研究グループ
身体的共創知能グループ グループリーダ:
 細田 耕
対人的共創知能グループ グループリーダ:
 國吉 康夫
社会的共創知能グループ グループリーダ:
 吉川 雄一郎
共創知能機構グループ グループリーダ:
 乾 敏郎


研究成果
一般の方向け
研究成果ビデオ


プロジェクトホームページ



一覧へ戻る

 
独立行政法人
科学技術振興機構 過去のお知らせはこちら ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学技術推進事業 ERATO