平成7年度採択分(事後評価)【舛本PJ、加藤PJ、土居PJ、御子柴PJ】

平成13年8月6日

創造科学技術推進事業における研究プロジェクトの事後評価を実施したので報告する。なお、この事後評価は「基礎的研究推進事業の課題評価の方法等に関する達」(平成10年6月) にもとづき実施したものである。

1. 対象プロジェクト(研究実施期間:平成7年10月―平成12年9月)

舛本単一量子点プロジェクト
(総括責任者:舛本泰章 筑波大学物理学系 教授)
加藤たん白生態プロジェクト
(総括責任者:加藤誠志 (財)相模中央化学研究所  主席研究員)
土居バイオアシンメトリプロジェクト
(総括責任者:土居洋文 セレスター・レキシコ・サイエンシズ(株) 代表取締役社長)
御子柴細胞制御プロジェクト
(総括責任者:御子柴克彦 東京大学医科学研究所 教授、理化学研究所脳科学総合研究センター グループディレクター)

2. 評価の進め方

研究プロジェクトごとに事業団が選任した外部の専門家が、総括責任者からの報告をもとに行った。また、研究終了時に事業団が開催する報告会の参加者の意見も参考とした。

3.評価委員

4. 評価報告書

別紙2

舛本単一量子点プロジェクト事後評価報告書

加藤たん白生態プロジェクト事後評価報告書

土居バイオアシンメトリプロジェクト事後評価報告書

御子柴細胞制御プロジェクト事後評価報告書

5. 参考資料

「基礎的研究推進事業の課題評価の方法に関する達」抜粋

本件についてのお問い合わせは、研究プロジェクト推進部 (電話:03-3512-3528)までご連絡下さい。