JST > 戦略的創造研究推進事業 > ERATO
ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学犠実推進事業
TOP お問い合わせ サイトマップ English
HOME ERATOとは 研究プロジェクト 中間・事後評価 募集について
HOME > 評価 > 戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATOタイプ)における研究プロジェクトの事後評価について
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATOタイプ)における
研究プロジェクトの事後評価について
過去のお知らせはこちら
2009年6月8日
独立行政法人科学技術振興機構
イノベーション推進本部
研究プロジェクト推進部

 「基礎研究に係る課題評価の方法等に関する達」(2009年3月) に基づき、戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATOタイプ)における研究プロジェクトの事後評価を実施した。

1. 対象プロジェクトおよび評価報告書
  2003年度発足の下記4プロジェクト
合原複雑数理モデルプロジェクト
  戦略目標:新しい原理による高速大容量情報処理技術の構築(PDF)
  研究総括:合原 一幸
東京大学生産技術研究所/教授
  評価会実施日:2009年1月24日
  合原複雑数理モデルプロジェクト事後評価報告書(PDF:44KB)
 
腰原非平衡ダイナミクスプロジェクト
  戦略目標: 情報処理・通信における集積・機能限界の克服実現のためのナノデバイス・材料・システムの創製(PDF)
  研究総括: 腰原 伸也
東京工業大学大学院理工学研究科/教授、東京工業大学フロンティア研究センター /教授
  評価会実施日: 2008年12月24日
  腰原非平衡ダイナミクスプロジェクト事後評価報告書(PDF:51KB)
 
小林高機能性反応場プロジェクト
  戦略目標: 環境負荷を最大限に低減する環境保全・エネルギー高度利用の実現のためのナノ材料・システムの創製(PDF)
  研究総括: 小林 修
東京大学大学院理学系研究科/教授
  評価会実施日: 2009年1月22日
  小林高機能性反応場プロジェクト事後評価報告書(PDF:33KB)
 
前田アクチンフィラメント動態プロジェクト
  戦略目標: 遺伝子情報に基づくたんぱく質解析を通した技術革新(PDF)
  研究総括: 前田 雄一郎
名古屋大学大学院理学研究科附属構造生物学研究センター/生命理学専攻(併任) 教授
  評価会実施日: 2008年12月25日
  前田アクチンフィラメント動態プロジェクト事後評価報告書(PDF:51KB)
 
2. 評価の進め方
別紙1
3. 評価基準
別紙2
4. 評価委員
別紙3
5. 参考資料
「基礎研究に係る課題評価方法等に関する達」抜粋


本件についてのお問い合わせは、戦略的創造事業本部研究プロジェクト推進部の斎藤、古川、森田(電話:03-3512-3528)までご連絡下さい。


前へ戻る

 
独立行政法人
科学技術振興機構 過去のお知らせはこちら ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学技術推進事業 ERATO