JST > 戦略的創造研究推進事業 > ERATO
ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学犠実推進事業
TOP お問い合わせ サイトマップ English
HOME ERATOとは 研究プロジェクト 評価 募集について
HOME > 評価 > 創造科学技術推進事業における研究プロジェクトの事後評価について > 中間評価
中間評価

 


樽茶多体相関場プロジェクト

総括責任者 樽茶清悟(東京大学大学院理学系研究科 教授)

研究の概要

 本プロジェクトは、半導体の低次元構造(量子細線や量子ドット)における少数電子系の多体効果とスピン相関、量子コヒーレンス、異種粒子相関(電子−フォノン、フォトンなど)、多彩な相関現象と制御に着目して、(I)低次元電子相関グループ、(II)異種粒子相関グループ、(III)量子輸送コヒーレンスグループ(在オランダ)の3つの研究グループを組織して、電子構造を厳密に制御できる半導体低次元構造やスピンを制御できるハイブリッド系を作成し、その電子状態の関与する量子現象を解明するとともに、スピントロニクスや量子計算への応用を意識した電荷位相、スピンの自由度、多量子系量子相関の制御法を提案することを目標として研究を進めている。

評価委員: 青柳克信  東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授
安藤恒也  東京工業大学大学院理工学研究科 教授
外村 彰  日立製作所 フェロー

評価の概要

1. 研究成果の現状と今後の見込み
 (I)グループは、縦型量子ドットの特性を活かして、2電子の相互作用への直接項と交換項の本質的寄与、スピン状態を磁場や電子数の関数として任意に制御できることなどを明らかにした。(II)グループは、エネルギー緩和にフォノンの寄与がないことを利用して核スピンと電子スピンとの相互作用を発見するなどの、幾つかの量子計算の鍵となる量子コヒーレンスに対する重要な情報を得た。(III)グループは、横型量子ドットの特性を活かして、ドットと電極とのトンネル結合や電子数を調整することで、ユニタリー極限の近藤効果を観測して、量子ドットスピンのコヒーレンスが高いことを証明し、さらに、マイクロ波照射や電子スピン共鳴になどの制御技術の開発も行っている。

2. その他
 研究者も開始直後から参集しており、設備も評価の時点で概ね整っていた。研究課題は、研究者ごとに異なりかつ幅広く分布しているが、それらは、粒子相関の物理学、スピン効果の制御、スピントロニクス・量子計算の応用のための基礎という共通の目標と総括責任者の指導のもとに、よくまとまり、かつそれぞれ充分に進展している。したがって、今後も特に課題を重点化する必要性を認めない。


横山液晶微界面プロジェクト

総括責任者 横山 浩(産業技術総合研究所ナノテクノロジー研究部門長)

研究の概要

 本プロジェクトは、液晶が流動性と異方性の双方を持つ液体と結晶の中間状態で、流動性がありながら秩序は長距離におよび、かつ種々の相が存在することに着目して、(I)理論・シミュレーショングループ、(II)微細界面物性研究グループ、(III)メゾスコピック液晶研究グループの3つの研究グループを組織して、界面による微細分子配列を制御して人工的な微細構造体を導入することにより、液晶中にこれまでにない構造と機能を形成することをめざしている。

評価委員: 内田龍男  東北大学大学院工学研究科 教授
高津晴義  (株)大日本インキ化学工業 技術本部長
竹添秀男  東京工業大学大学院理工学研究科 教授

評価の概要

1. 研究成果の現状と今後の見込み
 (I)グループでは、液晶中のナノ構造の発現機構とダイナミクスのシミュレーションを、新たな方法論を開発して複雑な系について実行して、すでに多くの成果を出している。(II)グループは、フッ素置換鎖の導入、分子両端にキラル部位を持つ材料などを活用して、液晶中に非整合性を導入して種々の人工ナノ構造を実現している。(III)グループは、AFMのプローブで高分子表面を精密にラビングして達成される液晶の配向効果を解析し、ナノスケールで制御できることを示すなど、応用を意識した課題に取り組んでいる。

2. その他
 本プロジェクトは、ほぼ理想的な人材を単一拠点に集め、液晶の微界面という共通概念のもとに、幾つかの興味深い成果をすでに輩出しているので、中間地点として充分に評価できる。今後は、研究を加速するとともに、各グループ間の連携と課題の方向性の調整をうまく行うことができれば、学会や業界に大きな影響を及ぼし、かつ産業の創出につながるような多くの成果が期待できる。


細野透明電子活性プロジェクト

総括責任者 細野秀雄(東京工業大学応用セラミックス研究所 教授)

研究の概要

 本プロジェクトは、酸化物を基盤とする結晶とアモルファスの大きなバンドギャップに着目して、(I)電子伝導性制御グループ、(II)欠陥電子活性グループ、(III)機能設計グループの3つの研究グループを組織して、バンド構想と点欠陥の電子状態や光・電子および化学機能を探索して、地球に優しいこれらの材料の高機能素材としての可能性を引き出すための手法の開拓を進めている。

評価委員: 一ノ瀬昇  早稲田大学理工学部 教授
森永健次  九州大学大学院総合理工学研究院 教授
横尾俊信  京都大学化学研究所 教授

評価の概要

1. 研究成果の現状と今後の見込み
 (I)グループは、超低抵抗値(7.7 x 10-5 Ω cm)透明酸化物半導体(TOS)の作成、新規な薄膜成長法である反応型固層エピタキシャル法の開発、さらに各種p型、p/n両性TOSの発見とダイオード特性の解析など、世界先端水準の成果をあげている。(II)グループは、透明ナノポーラス化合物である12CaO.7Al2O3結晶の各種アニオン(O-,O2-,H-)包接酸化物を作成し、O-イオン源としての応用性を示し、H-イオンの包接物が電子伝導性を有することなど、世界初の発見を行った。(III)グループは、空気の非線形光学効果を利用した2ビームフェムト秒パルスレーザー干渉露光計を開発し、ほとんどすべての素材の表面に、〜100μmの回折格子を形成することに世界に先駆けて成功した。

2. その他
 本プロジェクトからは、評価会の時点ですでに、63件の原著と多数の学会発表(海外の招待口演が22件)がなされている。これらの成果は、量だけでなく、その内容も新しい科学の創製というに値するものである。本プロジェクトの今後のさらなる展開が多いに期待される。


黒田カイロモルフォロジープロジェクト

総括責任者 黒田玲子(東京大学大学院総合文化研究科 教授)

研究の概要

 本プロジェクトは、キラリティーからみたミクロとマクロの接点を解明しようとする、非常に挑戦的かつ魅力的な課題を設定し、(I)分子カイロモルフォロジーグループと(II)生物カイロモルフォロジーグループの2つの研究グループを組織して、固体状態で強められる分子間相互作用(結合、分子認識、キラル識別エネルギーなど)によって顕在化したり、はじめて出現するキラリティー効果やキラリティー現象の解明と、貝の巻き方が右巻きと左巻きの両方の型が自然界で存在する欧州モノアラガイ(Lymnaea stagnalis)の巻き方遺伝子の情報が貝の巻き方を決める仕組みの解明をめざしている。

評価委員: 浅島 誠  東京大学大学院総合文化研究科 教授
原田宣之  東北大学多元物質科学研究所 教授
星 元紀  慶應義塾大学理工学部 教授

評価の概要

1. 研究成果の現状と今後の見込み
 (I)グループは、固体混合で新しい結晶が形成される現象、添加物のキラリティーが結晶全体のキラリティーを誘導する現象(chirality scaffolding crystallizationと命名)、ゲスト分子のキラリティーが支配する固体混合物の発色現象などの新規の固体キラリティー特有の現象を発見し、また、固体試料のすべての偏光現象を測定することができる分光計(universal Chiroptical Spectrometer, UCSと命名)を世界ではじめて開発した。(II)グループは、Lymnaea stagnalisの系統を維持しながら卵を安定的な実験材料として大量に供給できる飼育法を確立してLymnaea stagnalisの実験生物としての科学的価値を飛躍的に高め、解析のためのF2評価系や蛋白質解析法などを確立するとともに、左右らせん卵割が左右非対照的にすすむという従来の教科書を書き換える新しい発見も行っている。

2. その他
 (I)グループはすでに多くの興味ある成果をあげており、今後はそれらの成果を応用の視点から発展させるとともに、UCSを種々の固体試料に適用して固体キラリティー科学を新しい学問として確立することが期待される。(II)グループは、極めて困難な課題によく挑戦しており、今後得られる成果は、将来の生命科学に多大な貢献をもたらすと期待できる。また、両グループの相互作用の中から、「分子から固体まで」の左右性を決める統一理論が生まれることも期待される。

This page updated on August 1, 2003
Copyrightc 2003 Japan Science and Technology Corporation.
www-admin@tokyo.jst.go.jp

前へ戻る

 
独立行政法人
科学技術振興機構 過去のお知らせはこちら ERATO
Exploratory Research for Advanced Technology 
戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
創造科学技術推進事業 ERATO