topイメージ

プログラムの概要

ERATOの概要

目的

科学技術の源流を作る(革新的な科学技術の芽あるいは将来の新しい流れを創出)。

研究の種類

国の科学技術政策や社会・経済ニーズを踏まえて文部科学省が定める戦略目標の達成に向けたプロジェクト制課題解決型基礎研究。

運営体制

研究総括をプロジェクトリーダーとし、研究機関とJSTが協働でプロジェクト運営にあたる協働実施体制。

研究者

「産」「学」「官」「海外」からプロジェクトに最適なメンバーを集結。

期間

プロジェクト実施期間 5年
※環境整備期間〜1年程度および、成果レビューに応じて最大5年の特別重点期間を付与。

構成

研究総括のもとに研究員や研究推進要員が集まり、集中的にプロジェクト研究を推進します。
具体的には、研究業務を行う複数の研究グループと企画推進業務を行うプロジェクトヘッドクォーターにより編成されます。

戦略的創造研究推進事業・総括実施型研究(ERATO)プロジェクト構成

予算

研究計画をもとに、研究主監等が設定。

実施場所

研究総括の本務(大学等)の既存研究室とは別に、独立した研究実施拠点を開設し、そこに研究人材や研究設備を集めて集中的に研究を推進する。

成果

公表することを原則として積極的に発表。学会発表や知的財産の獲得、アウトリーチ活動など。