ERATOの特色

ERATOの特色

バーチャルインスティテュート ――― 自由で機能的な研究組織

ERATOでは、独創的で挑戦的な研究課題に取り組むために、JSTと研究機関が協働で研究総括をリーダーとした時限的な研究組織(バーチャルインスティテュート)を新たに編成し、一般的な委託研究とは異なる「協働実施体制」でプロジェクトを運営します。
協働実施体制では、研究機関はプロジェクトにおける研究業務、および当該研究機関における管理業務、プロジェクト企画推進業務を担当します。JSTは、プロジェクト全体を取りまとめると共に、プロジェクト実施に係るプロジェクト企画推進業務を担当します。
ERATOプロジェクトの特徴としては下記の5つのポイントが上げられます。とくに、1~3については「協働実施体制」ならではの特徴と言えます。
  1. JSTはERATOに採択された研究者にプロジェクト研究総括を委嘱。
    (研究総括はJSTの身分でプロジェクトマネジメントを行います)
  2. 研究機関の既存の研究室ではなく、新たな研究拠点を設定。
  3. 研究者グループの他にプロジェクト企画推進機能を備えたプロジェクトヘッドクォーター(HQ)を併設。
  4. 分野、立場の枠を超え、幅広い範囲から研究員等を集結。
  5. 時限的な研究プロジェクトであり、研究終了と共に解散する。

研究期間を最大限に活かす

ERATOの特徴を踏まえた支援を行ない、研究支援期間を最大限に活用し、より効果的な成果の創出を促進するため、環境整備期間(立上げ)と特別重点期間を設定しています。

環境整備期間

ERATOでは新しい研究分野を開拓するために、新しい場所、新しい人、新しい環境を整えて研究を開始します。初期段階での研究体制の充実はプロジェクトの研究推進にも重要な意味があります。
初年度を整備期間と位置づけ、場所・人員の確保、体制や設備の整備等に充てることで、ERATO本期間の十分な活用が期待できます。

特別重点期間

ERATO本期間終了後には研究成果をより効果的に取り纏め、かつ承継するため

に1年間の支援を行います。