ERATOの概要

ERATOの概要

目的

科学技術の源流をつくり、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションの創出に貢献。

 

特徴

●革新的な科学技術の芽あるいは将来の新しい流れを生み出す研究。

●10~15年後に新たな科学技術分野へと展開し、新産業の創出に貢献。

●既存の研究の延長線上や大規模化ではない、新たな視点からの挑戦。

●研究総括と組織を超えた研究員の参加による、「人」を中心とした時限プロジェクト。

●海外に研究拠点の一部を置くことが可能。

 

研究総括

●プロジェクトの運営を司る総監督であり、研究の構想と計画づくりや構成員の選定など、研究の指揮に係る基本事項の担い手。

●挑戦的・探索的な研究を行うために、組織や分野領域を超えて集まった優秀な研究員を結集し、研究を実施。

●戦略目標の達成に向け、CREST・さきがけ・ACT-I領域と適切に連携。

 

研究者

「産」「学」「官」「海外」からプロジェクトに最適なメンバーを集結。

 

運営体制

研究機関とJSTが協働でプロジェクト運営にあたる協働実施体制。

 

構成

 

研究実施場所

研究総括の本務(大学等)の既存研究室とは別に、独立した研究実施拠点を開設し、そこに研究人材や研究設備を集めて集中的に研究を推進する。

 

期間・予算

●環境整備期間0.5年、プロジェクト実施期間5.0年の計5.5年。

●総額上限12億円(直接経費)

 

その他

全研究機関において、研究プロジェクトの責任者である研究総括自らが、国内の研究機関に所属して当該研究機関において研究を実施する体制を取ることが求められます(研究総括の国籍は問いません)。