JST トップ > ダイバーシティ推進 トップ > 国(文科省やCSTI)への提言等

[本文]

国(文科省やCSTI)への提言等

 JSTでは、ダイバーシティの向上のための施策を国に対して積極的に提案していきたいと考えています。
 ここでは、国に対する提案内容等について紹介します。

タスクフォースによる女性研究者活躍推進策の検討・提言

女性研究者活躍推進に関する報告書

2014年2月にJSTの各部門を横断したメンバーによるタスクフォースを組織しました。政府目標の[2020年に指導的地位の女性比率30%以上]を達成するための新しい施策検討を行い、2014年4月と11月に文部科学省に報告書を提出。報告書の中では海外のアファーマティブアクションや女性研究者を取り巻く状況の調査結果を提示、新しい施策を提案しています。


概要

背景
タスクフォースによる女性研究者活躍推進策の検討・提言【背景】

総務省統計局「平成25年 科学技術研究調査報告」及び内閣府 男女共同参画局第3次男女共同参画基本計画より
平成25年1月 国立大学によける男女共同参画推進の実施に関する第9回追跡調査報告書(国立大学協会、対象86大学)より


新しい施策のイメージ
タスクフォースによる女性研究者活躍推進策の検討・提言【内容】
理事長メッセージ
室長メッセージ )野依先生インタビュー
Official Site ※英語サイトジェンダーサミット10

科学とジェンダーの国際会議
ジェンダーサミット
2017年 5月25日(木)26日(金) 日本開催予定

2015年12月1日
厚生労働省認定次世代育成支援認定マーク くるみん
を取得しました。
くるみんマーク