[本文]

理事長メッセージ

「科学技術振興機構(JST)はダイバーシティを推進しています」

国立研究開発法人科学技術振興機構 理事長 濵口道成

 世界は今、第4次産業革命ともいうべき大きな変革期を迎えています。その中でJSTはイノベーションの先導役として、日本の科学技術の発展を牽引し、地球環境の変動や人口増加などの地球規模の課題解決に大きく貢献することが期待されています。しかし、私たちを取りまく状況は日々変化しており、それに応じた課題解決のためには、柔軟かつ迅速に対応できる多様性を有した組織と人材が必要です。

 年齢、性別、国籍を問わず、全ての人がお互いの考え方を尊重し、それぞれの能力を生かして社会の各場面において活躍することができれば、新たな技術シーズを発掘し、優秀な研究開発人材を育成し、研究成果を社会の豊かさに円滑につなげるエコシステムが生み出されるはずです。近未来を適切な根拠に基づいて予測し、人類社会に希望をもたらす新しい価値としてのイノベーションを創出できるのではないかと考えています。

 JSTではこの考えを更にダイナミックに進化させ、多様な人材が生き生きと活躍できる組織に変革していくことで、より有益な成果を上げていくと共に、多様な人々と協働しながら、この考え方が社会全般に定着していくよう、今後もたゆまぬ努力を重ねていきたいと思います。

 皆様のご支援、ご協力をお願い致します。

国立研究開発法人科学技術振興機構 理事長
濵口道成

理事長メッセージ
室長メッセージ )野依先生インタビュー
Official Site ※英語サイトジェンダーサミット10

科学とジェンダーの国際会議
ジェンダーサミット
2017年 5月25日(木)26日(金) 日本開催予定

2015年12月1日
厚生労働省認定次世代育成支援認定マーク くるみん
を取得しました。
くるみんマーク