惑星の旅

2005年制作・2007年改訂/フルFlash/効果音・音声ナレーションあり

START

人類の未知への好奇心をのせ、遠い惑星へ向かった無人探査機は、太陽系の彼方で何を見たのか? 惑星探査機が捉えた200点以上の貴重な写真を映像化。ナレーターによる解説で、太陽系の驚くべき世界を案内していく。探査機年表、科学者へのインタビューもあり。

受賞

・平成17年度文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品
・第48回科学技術映像祭マルチメディア特別部門審査委員長特別賞

コンテンツ構成

・太陽:惑星を支配する巨大な核融合炉
・水星:クレーターが埋め尽くす第一惑星
・金星:濃密な大気がおおう灼熱地獄
・地球:海と大気につつまれた母なる惑星
・火星:火星に生命は誕生したのか
・火星:ロボット地質学者の偉大な発見
・小惑星:宇宙を漂う太陽系の化石
・木星:太陽系最大のガス惑星
・木星:エウロパの海に生命はいるのか
・彗星:太陽系を旅する放浪者
・土星:壮大なリングワールドへ
・土星:生命誕生の実験場タイタン
・天王星:青く無表情な惑星
・海王星:人類が到達した最も遠い惑星
・冥王星:冥王星が語る新しい太陽系  ほか

キーワード

惑星、探査機、惑星科学、クレーター、大気、地球、月、衛星、火星探査、生命、イトカワ、はやぶさ、イオ、ガニメデ、エウロパ、カリスト、トリトン、ボイジャー、バイキング、マリナー、マーズ・グローバル・サーベイヤー、スピリット、オポチュニティ、ガリレオ、ハレー彗星、タイタン、カッシーニ、準惑星、太陽系外縁天体

「惑星の旅」内の記載の誤りについて


【当該部分】
木星JUPITER>MODULES>■MYSTERY 木星の残された未解明の謎>?衛星エウロパの海で生命に出会う日

【誤りの内容】
解説文の4行目

(誤)
隕石に載った火星起源の生命が地球へ広がった可能が排除できないからだ。
(正)
隕石に載った火星起源の生命が地球へ広がった可能性が排除できないからだ。