科学コミュニケーション活動の
支援情報

JSTが行う支援の募集情報や、現在支援している期間の活動レポート、アーカイブ情報などをご紹介しています。

公募情報

募集を締め切りました。

進行中のプロジェクト

科学技術コミュニケーション推進事業では、科学館や科学系博物館、図書館、公民館等の社会教育施設、大学や高等専門学校等の研究機関、地方自治体(生涯学習センターを含む)、NPO等の機関が実施する、多様なステークホルダー間の相互作用から社会問題や社会ニーズに対する課題の解決に結び付ける科学技術コミュニケーション活動を支援しています。
「問題解決型科学技術コミュニケーション支援(ネットワーク形成型)」では、機関間における科学技術コミュニケーションに関するネットワークを活用・構築し、3ヵ年掛けて社会問題等に対する課題の解決を図る活動を支援しています。 H29年度からは、「未来共創イノベーション活動支援」を志向し、顕在化している問題への取組みだけでなく、潜在的な問題への取組みを支援しています。例えば、社会に内在する科学技術に関する問題について、研究者、国民、メディア、産業界、政策形成者といった多様なステークホルダーが議論を深めることで発掘したり、解決に向け、問題の所在を明らかにしたりするような取組みも含めます。

※現在、H30~28年度の採択企画の活動を支援しています。

進行中のプロジェクト

H30年度採択(未来共創イノベーション活動支援)

国立大学法人 徳島大学

公立大学法人 大阪府立大学

H29年度採択(未来共創イノベーション活動支援)

国立大学法人 琉球大学

国立大学法人 信州大学

国立高等専門学校機構 徳山工業高等専門学校

過去のプロジェクト

支援が終了した企画はこちらでご覧になれます。

過去のプロジェクト