出展内容

JSTが推進する「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)」では、全国から選ばれた高校生たちが、大学での高度な講義や実験、大学院生や専門家との議論、研究の実施を通じて、世界をリードする国際的科学者を目指しています。
このトークセッションでは、科学技術や研究成果をバックグラウンドに、社会に新しい発想や価値を提供する気鋭のイノベーターである若手研究者や起業家が、グローバルサイエンスキャンパスに参加している高校生たちと、研究や起業の動機、これまでの道のりや今後やりたいこと、思い描く未来などについて語り合います。
科学技術とイノベーションが拓く未来の可能性を、会場の皆様と共有したいと思います。皆様のご来場をお待ちしています。

高校生×イノベーター トークセッション
企画提供者 科学技術振興機構 理数学習推進部
開催日 11/25 (土)14:15-15:45
会場 1階 アゴラステージ
形式 セッション(アゴラステージ)
URL http://www.jst.go.jp/cpse/gsc/
備考  

開催報告

開催報告

イノベーターとして、筑波大学学長補佐/ピクシーダストテクノロジーズCEO/JST CREST研究代表者 落合陽一氏、株式会社ユーグレナ 取締役 研究開発担当鈴木 健吾氏、早稲田大学理工学術院 創造理工学研究科 准教授/JSTさきがけ研究者/H2L 株式会社 創業者 玉城 絵美氏、グローバルサイエンスキャンパス受講生として、大阪大学SEEDS、筑波大学GFESTに参加する高校生3名、モデレーターとして一般社団法人i.club代表理事小川悠氏を中心に、イノベーションとは何か、次世代のイノベーション人材に求められる力、などについて、ユニークで活発な議論が行われました。会場には、120名を超える聴衆が集まり、トークセッション後半には会場の中高校生から登壇者への質問もありました。
参加者からは「自分が持っていない感覚に触れることができました。イノベーターの皆さんのような研究者になりたいです。」「自分の無能さを痛感する。しげきてきなトークセッションだった」「イノベーターの生の声を聞くことができ、刺激的だった。高校生もしっかりしていて、自分の意見を持っていてすばらしいと思いました。」などのご意見が寄せられました。

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!