サイエンスアゴラ2017 サイエンスアゴラ賞、参加者特別賞

サイエンスアゴラ賞は、その年のサイエンスアゴラのテーマに関連して模範的な科学コミュニケーションを行う企画に授与する賞です。企画委員会委員長が選考委員長を務め、JST理事長が授賞します。今年のサイエンスアゴラ賞の選考にあたっては、サイエンスアゴラ2017への出展企画の中から、企画書で判断される内容を審査し、プログラム審査委員会がキーノートセッションおよび注目企画として推薦した企画を授賞対象の母集団としました。ここから企画委員会にて企画の内容と当日のパフォーマンスを選考対象とし、公募の際に設定させていただいた7つの評価の観点に沿って選考いたしました。

【評価の観点】
 ・企画内容が社会的関心の高いor議論をすべき課題か(企画を提供する動機・背景)
 ・企画の目標設定がなされているか(企画提供を通じて目指す目標)
 ・コミュニケーションの対象が適切に設定されているか(企画の対象)
 ・どのような越境をしているか、しようとしているか(分野、性別、言語等、多様性への配慮)
 ・やりたいことについて時間・空間の配分が適切か(人数、時間、回数、エリアやタイプ)
 ・来場者がその企画に参加して得られるものが考えられているか(メリット)
 ・安全に実施できるか、スタッフの数が足りているか(企画配置イメージ)

参加者特別賞は、サイエンスアゴラへの参加者(来場者、出展者)からの人気投票により、最も多くの得票数を得た企画に授賞します。

サイエンスアゴラ賞

参加者特別賞

印刷する

次の情報もCheck!