出展内容

三浦半島の海岸で拾ったタカラガイの貝殻でストラップを作ります。タカラガイのストラップは簡単に作れてなかなか素敵ですよ。同時に三浦半島や房総の海岸で拾い集めた貝殻の標本展示もします。

タカラガイ・ストラップを作って貝殻に興味を持ったら、他にどんな種類の貝殻が拾えるのか見てみましょう。身近な海岸に、こんなにも多種多様な貝が生息していることを知ることで「生物多様性」についても考えてみましょう。

  • 出展内容
  • 出展内容
  • 出展内容
企画提供者 あうるの森
開催日 15日(日) 終日
会場 A会場(日本科学未来館)1階 企画展示ゾーン
形式 展示・実演・説明 / 実験・工作
URL http://owlswoods.cocolog-nifty.com/
備考

開催報告

開催報告

タカラガイのストラップ作りを100人の人達が楽しんでくれました。
ブースの前面にテーブル2つ並べて、ズラ~っと並べた約200種類の貝殻の標本を見てもらいました。そして、三浦半島や房総半島など(東京から近い)身近な海岸でこれだけ多種多様な貝殻が拾えるということに皆さんが驚きの声を発していました。
貝殻の標本を展示していて… 貝殻好きの人って意外といるんですね~(^o^) 大人も子供も。
この日のサイエンスコミュニケーションでは、貝についての「イイ質問」がたくさん出てきました。
●小学生の男の子からの質問…「アサリの模様は色んなのがあるんですけど、どうして色んな模様が出てくるのですか?」
●小学生の女の子からの質問…ウラウズガイを指さして「ウラウズガイとウズイチモンジはどう違うんですか?」
●男性からの質問…ウチヤマタマツバキを指さして「これツメタガイじゃないんですか?」
次回も出展できたら、そのときは『似ているけど違う貝』をピックアップして展示しようと思います。

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!