English

出展内容

2050年には世界人口の70~75%が都市住民になるとの予測を踏まえれば、人々の住む都市の最適化が非常に重要であり、来年の国連STIフォーラムにおいてもSDGs目標11の「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」は焦点とする目標の一つとなっています。
具体的には、未来の人々が集い、生活する「持続可能な都市」は、「安全な水」、「エネルギー」、「食糧の確保」また「防災」等の相互連関(NEXUS)の適切なバランスの上に実現出来るものです。その実現に資する、より複合的な科学技術イノベーションの貢献について、JST STI for SDGsタスクチームが、昨年のサイエンスアゴラから、これまで1年間継続してきた議論や産学官の好事例収集の蓄積を踏まえて、具体的なアクションを軸に据えることで、議論を深化します。
本セッションを通じて、来場者が自分のものとしてSDGsにどう向き合うかのヒントとなるだけでなく、国内に止まらない欧州・南アフリカ・国際機関等の登壇者とのSDGs達成に向けたネットワークの構築や、2018年国連STIフォーラムへのインプットに資するような、個人と機関のレベルそれぞれにおいて、今後のSDGsに関わる活動の活性化につながるような結論に辿り着くことを目指します。

企画提供者 科学技術振興機構 STI for SDGs タスクチーム
開催日 11/24(金)16:45-18:00
会場 8階 会議室B
形式 セッション(会議室)
URL http://www.jst.go.jp/pr/intro/sdgs/index.html
備考 同時通訳あり、ライブ中継を検討中

事前参加登録を受付ております。
【事前申込み枠の定員】200名
【当日申込み枠の定員】20名
【事前申込み期間】10月1日から11月23日まで
【事前申込み受付方法】Webサイト上申込みフォーム
【事前申込みURL】未定
【来場者の当日申込み】

タイムテーブル:

11月24 日(金) Friday, November 24th, 2017
16:45 開始・企画説明 / Opening & Introductory Remarks
16:50 登壇による話題提供 / Presentations(8分×5)
17:30 ディスカッション / Discussion (冒頭に若手コメント3分×2)
18:00 閉会 / Closing

登壇者の紹介

キーノートセッション

遠藤愛子 
総合地球環境学研究所(RIHN)准教授
東京国税局国税専門官、海洋政策研究財団研究員を経て、現職。専門は水産経済学と海洋政策学。「アジア環太平洋地域の人間環境安全保障:水・エネルギー食料連環(ネクサス)」プロジェクト代表。水・エネルギー・食料ネクサスシステムの複雑性を解明し、研究の結果解明した科学的根拠と、科学的不確実性の下、3つの資源間のトレードオフの逓減と関係者の争いを解決することで、持続可能な社会のための人間環境安全保障の最大化を目指している。

キーノートセッション

ロバート=ヤン・スミッツ (TBC)
欧州委員会研究・イノベーション総局総局長
研究・イノベーション分野における欧州連合(EU)の政策および各種プログラム(平均年間予算80億ユーロ)の策定と実施を担当。欧州研究領域委員会(ERAC)、欧州研究会議運営委員会(ERCEA)、地球観測に関する政府間会合(GEO)執行委員会、および欧州の主要な国際的パートナーとの科学技術合同委員会等、複数のハイレベル委員会の議長を務める。

キーノートセッション

フラビア・シュレーゲル
ユネスコ自然科学担当事務局長補
ユネスコ以前は、米国と中国における国際科学協力の責任者を務めた他、スイス連邦公衆衛生局において様々な職務を歴任。1992年5月にスイス・チューリッヒ大学より医学博士号を取得。2001年7月にオーストリアのクラーゲンフルト大学及びウィーン大学の学際研究・生涯教育研究所より、組織開発の修士号を取得している。

キーノートセッション

ダーン・ドゥ=トイ
南アフリカ共和国科学技術省副次官
ダーン・ドゥ=トイは、2014年以来、南アフリカにおける国際的な科学技術・イノベーションの全ての側面を担当。 OECDグローバル・サイエンス・フォーラム(GSF)や地球観測に関する政府間会合(GEO)の設立を含む国際的な科学技術協力に特化した多国間フォーラムにおいて、南アフリカを代表して中心的役割を果たした。

その他、JST STI for SDGsタスクチーム、企業、国際協力プロジェクト、アジアからの留学生や日本の若手企業家・研究者等が追加で登壇予定。

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!