出展内容

本セッションでは、火山内部を見るための素粒子ミュオンの利用(ミュオグラフィ)について、日欧の研究者が議論。ミュオグラフィの火山以外への応用、例えば原子炉内部のイメージングなどについてもご紹介します。ミュオグラフィは、基礎物理学を災害軽減に適用しようとする技術イノベーションです。日欧間の協働に基づく本セッションでは、先ず、日欧のミュオグラフィ専門家が導入部分を簡単に説明。ミュオグラフィとは一体何か、ミュオグラフィがなぜ火山など巨大物体の内部構造の理解につながるのか、について理解を深めた後、ミュオグラフィ分野の第一線の研究者によるパネルディスカッションが行われます。ベスビオや桜島などの世界的に有名な火山透視研究もピックアップ。本セッションは、駐日欧州連合代表部の「ヨーロッパサイエンスハウス」(ブース番号:Aa-013)ともリンクしており、ブースでは、本テーマに関連するデモや展示を予定しています。

The session will bring together European and Japanese researchers to talk about the use of elementary particles, muons to look at the interior of volcanos ("Muography"). The use of the technique in other areas, such as the imaging of the interior of damaged nuclear reactor cores, will be presented. Muography is an exciting example of technological innovation using basic physics to address major societal hazards. The session will begin with two brief introductory talks by a Japanese and a European expert. They will outline what muography is, and how it can provide insights into understanding volcanoes and other difficult to reach large structures. The talks will emphasise collaboration between Europe and Japan and a panel discussion will feature a number of prominent scholars of muography and volcanology, who have studied well known volcanoes such as Mount Vesuvius and Sakurajima. This session will link with our booth, which will show demonstrations and exhibitions related to the theme.


  • 出展内容
  • 出展内容
企画提供者 駐日欧州連合代表部
開催日 11/6(日)10:30-12:00
会場 F会場(東京国際交流館)3階 国際交流会議場
形式 シンポジウム
URL http://www.euinjapan.jp/connect/events/
備考 同時通訳あり

登壇者情報:

モデレーター
1 駐日欧州連合代表部 レオニダス カラピペリス科学技術参事官

登壇者
2 シェフィールド大学 物理・天文学部 Lee Thompson教授(英国)
3 東京大学 地震研究所 田中宏幸教授(日本)
4 イタリア国立核物理学研究所(INFN) Cristiano Bozza博士(イタリア)
5 サイエンス作家 竹内薫博士(日本)
6 ハンガリー科学アカデミーウィグナー物理学研究センター Dezso Varga博士(ハンガリー)
7 フランス国立科学研究センター(CNRS)素粒子原子核研究所 Cristina Carlogan博士(フランス)

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!