出展内容

世界の海は水産漁業、海上輸送、海辺でのリクリエーション、台風などの気象現象、海洋エネルギー利用、気候変動、などを通して私たちの生活と強くつながっています。しかし、海については、まだまだ分かっていないことがたくさんあります。世界中の研究者が観測船、人工衛星、コンピュータなどのさまざまな道具を使って海のなぞに挑戦しています。

現在の小中学校では海洋に関わる教育はほとんど行なわれていません。この結果,国民の多くは,海で起きている複雑な自然現象が人間の活動に強い影響を与えているとともに,人間の活動が微妙な釣り合い状態にある海の環境に取り返しのつかない影響をおよぼす恐れのあることを学ぶ機会が失われています。本企画は、身近な海についての基礎知識を小学生以上の一般参加者と科学コミュニケーターに紹介することと、社会における海洋教育と研究のあり方について海洋学者と一般参加者との間で意見・情報を交換することを目指しています。

 小学生から大人まで、紙芝居や絵本を見たり、ゲームをしたり、お台場の海のプランクトンを観察したり、海洋学者とお話したりしながら、海のことを楽しく学び、そして一緒に考えましょう。

  • 出展内容
  • 出展内容
  • 出展内容
企画提供者 日本海洋学会 教育問題研究会
開催日 14日(土)・15日(日) 終日
会場 D会場(東京都立産業技術研究センター)1階 エントランス
形式 上演・演示 / ポスター発表 / 展示・実演・説明 / 実験・工作
URL http://www.jos-edu.com/scienceagora/2014-2.html
備考

タイムテーブル:

紙しばい「おにぎりとうみ」文と絵・お話 おとべひろたか
開始予定時刻(11/14、11/15の両日)13時30分、14時、14時30分

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!