出展内容

九州大学では大学院生を対象に科学技術コミュニケーションを活用した研究倫理教育を実施しています。具体的な科学技術コミュニケーションの実践活動として、大学院生に「STSステートメント」を作成させ、福岡市内で開催するサイエンスカフェで市民に向けて発表し、その内容について市民とディスカッションを行っています。この取り組みは2014年度から行っています。「STSステートメント」とは院生の研究成果が将来の社会にどのような影響を与えるかを予測し、例えば環境問題などが発生しそうな場合は、それにどう対処するかの内容をまとめた、広く社会へ向けた宣言(ステートメント)です。

今回3人の九大大学院生達が作成したSTSステートメントをサイエンスアゴラ2016(11月3日午前中)の場で発表します。その内容を基に全国からの来場者の皆様との交流を実現したいと思います。

 

企画提供者 九州大学 科学技術イノベーション政策教育研究センター
開催日 11/3(木・祝)10:30-12:00
会場 A会場(日本科学未来館)1階 アゴラステージ1
形式 ワークショップ
URL https://www.youtube.com/watch?v=eLz32RET5uU
備考 当日ライブ中継を検討中です。

登壇者:

小林 俊哉(九州大学 准教授)、花田 稔(九州大学院生)、黒瀬 浩希(九州大学院生)、猪口 正弘(九州大学院生)

タイムテーブル:

11/3(木)受付10:00 開始10:30 終了12:00

【当日申し込み枠の定員】63名
【来場者の当日申込み】先着順

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!