出展内容

これまで名前の決まっていなかった113番元素にいよいよ「ニホニウム」と命名されます!

元素の命名はこれまで欧米諸国が独占してきました。今回我々は史上はじめて、アジア初、日本発の元素の命名をすることができました。

ニホニウム発見までにいたる経緯や装置の説明はもちろん、ニホニウム発見の根本となる原子核物理の世界を実際の研究者が丁寧に解説いたします。

原子核物理と聞くと少し難しく感じるかもしれませんが、実はこの世界は全て原子核からなっておりとても身近な世界なのです。元素の発見はもちろん、宇宙が誕生した歴史や物質創生の謎にせまる事のできる壮大な研究です。

研究者達は日々、大型加速器施設を用い原子核を合成・衝突させてそれらを分析などを行っています。いわば「原子核のデザイナー」です。

実際の研究者達と触れあえるチャンスですので、研究のことはもちろん、科学者になるにはどうしたら良いかなど何でも気軽に聞きに来て下さい。

  • 出展内容
  • 出展内容
企画提供者 理化学研究所 仁科加速器研究センター
開催日 11/5(土)、11/6(日)終日
会場 A会場(日本科学未来館)1階
形式 展示・実験・説明
URL http://www.nishina.riken.jp/
備考

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!