出展内容

タンパク質を「見る」「さわる」「つくる」「使う」といった体験を通して、タンパク質の「かたち」の多様性と重要性を実感していただくため、次のような企画を用意し、多くの人にとって楽しくて好奇心を刺激することを目指します。(1)実際にPDBjのデータベースへアクセスして様々なタンパク質分子をCGで立体視する(見る)、(2)3Dプリンタでつくった分子モデルを「さわる」、(3)ペーパークラフトで分子模型を「つくる」、(4)タンパク質の実物を使って光る絵をかいてみる(使う)。またこれらの「かたち」を明らかにするための技術として、大型放射光施設(シンクロトロン)や、高性能電子顕微鏡をわかりやすく紹介します。

 

企画提供者 大阪大蛋白研・PDBj・広島市大情報・立命館大生命
開催日 11/3(木・祝)、11/4(金)、11/5(土)、11/6(日)終日
会場 A会場(日本科学未来館)1階
形式 実験・工作
URL http://numon.pdbj.org/
備考

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!