感染症は人類の歴史において、社会的・経済的・文化的様々な面で大きな影響をあたえてきました。特にグローバルに人々が行き交う現代において、感染症は国境を超えて世界的な問題となっています。このような感染症対策は一つの国だけでなし得るものではありません。微生物病研究所では、タイに研究拠点を設置し、感染地域での感染症対策・研究に取り組んでいます。今回は、タイやミャンマーで実施してきたコレラ菌など熱帯感染症の野外調査や研究成果を例に、参加者の皆さんと感染症とそれを取り巻く問題について考えます。

出展者 大阪大学微生物病研究所
開催日 11/10(土)12:45-14:15
会場 8階 会議室C
形式 セッション(会議室)
URL http://rcc-eri.biken.osaka-u.ac.jp/
備考  

登壇者情報:

大阪大学微生物研究所
日・タイ感染症共同研究センター 岡田 和久/浜田 茂幸
細菌感染分野 飯田 哲也

【当日申し込み枠の定員】100名
【来場者の当日申込み】先着順

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!