高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、日本のノーベル物理学賞獲得に最も貢献している研究機構であり、その中心が円周3kmもある円形加速器SuperKEKBである。このような大型加速器は世界にも数えるほどしかなく、このため世界中から多くの研究者や留学生がKEKでの共同研究に訪れている。しかし、その一方で、このようなビッグサイエンスが大きくなりすぎて、次世代の実験施設の建設が世界的に困難になっている現状がある。トークセッションでは、この研究者や留学生たちに登壇してもらい、ビッグサイエンスがこれからどうなるのか、どうあるべきか、を世界的な視野で議論したい。

企画提供者 高エネルギー加速器研究機構(KEK)
開催日 11/26(日)10:30-12:00
会場 4階 ミニステージ2
形式 セッション(ミニステージ2)
URL https://www.kek.jp
備考 同時通訳なし

登壇者情報:

小野 寛太(物質構造科学研究所 放射光科学第一研究系 准教授)、Saurabh Sandilya(University of Cincinatti)、他2名を予定

タイムテーブル:

11月26日(日)
10:00 - 10:30:受付
10:30 - 10:50:開始・趣旨説明・登壇者紹介
10:50 - 11:50:ディスカッション
11:50 - 12:00:まとめ
12:00 終了

【当日申込み枠の定員】約30名
【来場者の当日申込み】先着順

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!