江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳の描いた金魚たちを通して、その時代の日本ならではの自然観を体感して頂く展示です。本展示は、3つのセクションから構成されます。ご自身のお顔を反映させることで、金魚になった自分を「客観視」できるペーパークラフト。猫に狙われている金魚の視点を体験することで、金魚としての自分を「主観視」できるVRコンテンツ。そして、動物浮世絵のクローン文化財(先端技術による浮世絵の複製)です。国芳の、自然へのまなざしを通して、多様な世界の捉え方を体感してください!

出展者 東京藝術大学COI拠点
開催日 11月10日(土)、11日(日) 終日
会場 1階 テレコムアリーナ
形式 ブース
URL  
備考  

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!