金閣寺の金箔の下に漆黒の漆が塗られているのを知っていますか?
漆はウルシノキの樹液を原料とする塗料で、美しく耐久性の高い塗膜を作ります。その歴史は非常に古く、6千年前の縄文前期に遡ります。溶剤を使った化学塗料と異なり、酵素反応でゆっくりと固化する漆は乾燥による容積変化がありません。この性質を巧みに利用したのが、螺鈿(らでん)や蒔絵(まきえ)などの伝統漆工芸です。また。漆の下地は金箔に独特の輝きを与えます。しかし、漆文化は現在、存亡の危機にあります。チームうるしサイエンスでは、植物科学、高分子化学、文化財修復学などのコラボで、新しい漆科学を目指しています。今回の展示では金箔の輝きを引き立たせる下地漆の役割などを紹介し、 実費での蒔絵体験をしていただきます。

Did you know Urushi is painted under gold-leafing on the wall of Golden Pavilion Kinkaku-ji?
Japanese lacquer, Urushi is a unique paint material. It solidifies very slowly by itself without volume-shrinking. Decorative craftwork techniques, such as Raden, Makie or gold-leafing are based on this feature.
In these days, production of Urushi is becoming more difficult in Japan.
At our booth, you will find many interesting facts about Urushi and you can have trial of Makie-artcraft on date 25 and 26.(with small payment)

企画提供者 チーム漆サイエンス
開催日 11月25日(土)、26日(日) 終日
会場 1階 アトリウムエリア
形式 ブース
URL  
備考 有料(参加費800円)

タイムテーブル:

蒔絵体験は10時より整理券配布
11月25日・26日 各25名
展示解説は随時、人数無制限

【当日申し込み枠の定員】一日に25名
【来場者の当日申込み】整理券

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!