遺伝学的検査を受けるか否かを迷っているがん治療中の母を巡って、父や娘が各々の考えや思いを表出させるドラマ「遺伝学的検査が家にやってくる!?」(企画者が制作した約10分間の短編映像)を上映します。個人の遺伝情報を活用した個人の体質に適した医療(ゲノム医療)が実用化されようとしています。ゲノム医療を活用する際には、ご自分やご家族が遺伝学的検査を受けるか否かを選択することになります。遺伝情報には「不変性」「予測性」「共有性」といった特徴があるため、遺伝学的検査を受ける際にはご自分の遺伝情報を知ることの意義を理解しておく必要があります。ゲノム医療が実用化され、遺伝学的検査を受ける際に一般家庭で起き得る課題を、このドラマの映像を元に皆様に感じて頂き、ご自身やご家族に起こりうる影響(遺伝情報を知ることの利点と欠点)について、企画者と対話しながらリアリティを持って考えてみませんか?来場者には、子どもから大人までが、ゲノム医学の基礎知識を習得することのできるワークブック「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」(本年3月に企画者が発行)を贈呈致します。

企画提供者 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構
ゲノム医学普及啓発寄附研究部門
開催日 11月24日(金)、25日(土)、26日(日) 終日
会場 1階 アトリウムエリア
形式 ブース
URL http://scienceportal.jst.go.jp/clip/20170515_01.html
備考 同時通訳なし

タイムテーブル:

5分間 受付とご挨拶
10分間 ドラマ上映
5分間 ディスカッション
5分間 アンケート記入
5分間 まとめとご挨拶
計30分間/クールを、下記の出展時間内の毎時:00と:30から開始

出展時間:
11月24日(13:30~18:00)
11月25日(10:00~16:00)
11月26日(10:00~16:00)

【当日申し込み枠の定員】4~6名(ブース内に入れる人数)/クール
【来場者の当日申込み】先着順

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!