歴史 History

サイエンスアゴラ10年の歩み

2015年、サイエンスアゴラは10周年を迎えました。
初開催の2006年から10周年の2015年までを、歴史や写真、これまでサイエンスアゴラに参加されてきた皆さんのインタビューとともに振り返る記念誌です。


  • (日本語)
  • (英語)

これまでの開催

開催年度 2006 2007 2008
会期 11/25(土)~27(月) 11/23(金・祝)~25(日) 11/22(土)~24(月・振休)
日数 3 3 3
国内の主な動き
  • 科博「SC養成実践講座」開始
  • WPIプログラム発足
  • 日本人科学者がノーベル物理学賞、化学賞受賞
メインテーマ 科学と社会をつなぐ広場をつくる みんなでつなごう未来のスイッチ 地球の未来 日本からの提案
来場者数 1,500-2,000 2,269 6,109
出展者数
出展団体数 83 124 138
プログラム数 100 94 123
開催年度 2009 2010 2011
会期 10/31(土)~11/3(火・祝) 11/19(金)~21(日) 11/18(金)~20(日)
日数 4 3 3
国内の主な動き
  • FIRSTプログラム発足
  • 民主党政権に。事業仕分けが行われる。
  • 3,000万円以上の公的研究資金を獲得した研究者にアウトリーチ活動が義務化
  • 日本人科学者がノーベル化学賞受賞
  • 東日本大震災
メインテーマ 地球の未来 日本からの提案Ⅱ 未来へつなぐ科学のひろば 新たな科学のタネをまこう 震災からの再生をめざして
来場者数 8,705 4,723 5,352
出展者数 1,211 1,705
出展団体数 141 146 183
プログラム数 147 145 194
開催年度 2012 2013 2014
会期 11/10(土)、11(日) 11/9(土)、10(日) 11/7(金)、8(土)、9(日)
日数 2 2 3
国内の主な動き
  • 日本人科学者がノーベル医学生理学賞受賞
  • 自民党政権に
  • 2020東京五輪招致決定
  • 第5期科学技術基本計画の策定作業が本格化
  • 青色LEDノーベル賞受賞
メインテーマ 見つけよう あなたと「科学」のおつきあい あなたと創るこれからの科学と社会
来場者数 4,012 5,796 7,432
出展者数 2,243 2,704 2,710
出展団体数 191 212 172
プログラム数 212 232 188
開催年度 2015 2016
会期 11月13日(金)~15日(日) 11月3日(木)~6日(日) 予定
日数 3 4
国内の主な動き
  • 日本人科学者がノーベル医学生理学賞、物理学賞受賞
メインテーマ つくろう、科学とともにある社会
来場者数 7,172
出展者数 1,973
出展団体数 169
プログラム数 195

印刷する