サイエンスアゴラについて About Science Agora

コンセプト

サイエンスアゴラとは、あらゆる人に開かれた科学と社会をつなぐ広場の総称です。サイエンスアゴラは、異なる分野・セクター・年代・国籍を超えた関係者をつなぎ、さまざまな人たちが各地で主体的に推進する活動の広場です。この広場に集まる人たちが多様な価値観を認め合いながら、対話・協働を通じて、これからの「社会とともにある科学」と「科学とともにある社会」の実現を目指します。


サイエンスアゴラに集う活動の要件は以下の5つです。

  • (1)社会とともにあること、社会のためにあること
  • (2)科学技術に関すること
  • (3)自発的であること
  • (4)多様な人とのつながりを大切にすること
  • (5)公開できること

想定される期待

これからのサイエンスアゴラは、従来以上にますます、科学と社会の対話促進のためのプラットフォームとして機能し、多様な関係者が対話・協働し、それらを政策形成や課題解決、知識創造へと結び付ける「共創」を推進します。
サイエンスアゴラでは、「多様な関係者」を「行政」、「科学者」、「事業者」、「メディア」、「市民」の5つのグループに分類しています(図1)。これらの1つのグループが、それぞれ異なる役割を担い、それぞれの立場で社会と科学をつなげることを期待しています(表1)。

サイエンスアゴラに参加する「多様な関係者」

図1 サイエンスアゴラに参加する「多様な関係者」

表1 各企画提供者の参加動機への期待
セクター 想定される参加動機 来場者としての期待
行政
(国、地方自治体など)
  • 科学者、事業者、メディア、市民と対話をしながら、共にこれからの政策をつくりたい
  • 自分たちがどのような仕事をしているかを、科学者、事業者、メディア、市民との対話を通じて理解してもらい、信頼を得たい
  • さまざまな現場の人たちの活動から国内外の状況変化を知り、自分たちの役割を認識したい
  • 科学者、事業者、メディア、市民の活動を見て自分の政策立案、実施に役立つ新しい洞察、共感、仲間を得たい
  • 自分の行政分野での経験を生かした新しいキャリア開発を考えたい
科学者(学協会、研究機関、大学、研究者あるいは個人など)
  • 自分の研究を他分野の科学者に理解してもらい、新しい展開に発展させたい
  • 自分の専門分野に関して、行政、他分野の科学者、事業者、メディア、市民に理解してもらい、応援してほしい
  • 次世代の科学者を育成し、科学の発展に寄与したい
  • 自分の研究分野以外の科学者の取り組みを知りたい(異分野交流)
  • 行政、事業者、メディア、市民の取り組みを知りたい(異業種交流)
  • 自分の新しい研究の方向性について、洞察、共感、仲間を得たい
  • 自分の科学者としての経験を生かした新しいキャリア開発を考えたい
事業者(製造業、流通業、小売業、農林水産業、サービス業、NPO、業界団体など)
  • 自分のビジョンを科学者、行政、メディア、市民に見てもらい、共感と仲間を得たい
  • 自分の事業に関して、行政、科学者、他の事業者、メディア、市民の疑問を知り、それに答えたい
  • 新たな連携先を探したい
  • 行政、科学者、他の事業者、メディア、市民の活動を見て自分のビジネスに役立つ新しい洞察、共感、仲間を得たい
  • 自分のビジネス経験を生かした新しいキャリア開発を考えたい
メディア(報道機関、フリージャーナリスト、インターネット発信者など)
  • 自分たちの社会的な存在価値を具体的に知ってもらいたい
  • 自分たちが新しく開発したメディアツールを使ってもらえるように紹介したい
  • メディアの運営を支えるさまざまな新技術を若い人に知ってもらい、新しい人材を獲得したい
  • 自分たちが作った記事や番組を教材として活用する方法をデモしたい
  • 報道の素材を発掘したい
  • 行政、科学者、事業者、他のメディア、市民の活動を見て自分の仕事に役立つ新しい洞察、共感、仲間を得たい
  • 自分のメディア分野での経験を生かした新しいキャリア開発について考えたい
市民
(一般市民、市民団体、学生、子供など)
  • 自分が行っている活動について、科学者の意見を聴きたい
  • さまざまな人たちが行っている科学に関する活動を知り、自分が関わる活動に生かしたい
  • 若手の育成に貢献したい
  • 行政、科学者、事業者、他のメディア、市民の活動を見て自分に役立つ新しい洞察、共感、仲間を得たい
  • 自分の市民活動の経験を生かした新しいキャリア開発について考えたい

サイエンスアゴラ2017年度活動のためのビジョン・テーマ

ビジョン
サイエンスアゴラの場を通じて、長期的に伝えていきたい考え方を次のように設定しています。

科学とくらし ともに語り 紡ぐ未来

20世紀の科学技術は富や力の追求と並行して発展してきました。しかし限りある地球資源と世界のひずみを前に、今日の科学技術には限界も見え始めています。とくに成長社会から成熟社会へと移行し、多くの問題を抱え先行きの見えにくい今の日本では、関係者が集う場をつくり、科学と社会のこれからをともに考え、互いの考えを尊重して未来を創っていくことが必要であり、その文化を育てていきたいと考えています。また、ともに考え、行動するあり方は、国・地域や文化によって多様であり、日本ならではの方法を模索したいと考えています。

【ポイント】
①「場をつくる」だけではなく、皆が共に考え、未来社会を創り出すという考え方を強調しました。
②「くらし」に込めた考え:一人一人のくらし・生き方に着目することが、ひいては社会全体を考えることになると考えています。
③「紡ぐ」に込めた考え:未来社会の創造に向けた日本ならではの方法を模索する重要性を込めました。日本ならではの糸紡ぎを想起し、細くバラバラな短い繊維をより合わせて意味のある形に調和させ、一足飛びではなく徐々に創り込んでいく過程だと考えています。


サイエンスアゴラ2017のテーマ

越境する

科学技術の発展の中で、学問分野は専門性が鋭く極められ、物事をより深く追求できるようになりました。しかし、社会の新しい価値に気づき、現代の多様な問題を解決するためには、ひとつの学問分野や立場、世代の知恵だけでは十分ではありません。すでに、様々な壁を越えて人々の知恵を紡ごうとする動きは見え始めています。私たちひとりひとりが心豊かに生きていくために科学技術をどう取り入れていくのか、科学技術には何ができるのか、学問分野、立場、国、文化、世代の壁を越えてともに考える場としましょう。

開催資料・リンク

印刷する

次の情報もCheck!