科学コミュニケーションについて知りたい

調査報告

科学コミュニケーションセンターでは、国内外の対話活動や科学教育に関する調査研究活動を行ってきました。ここでは、その調査報告書を紹介します。

 第5期科学技術基本計画では、科学技術イノベーションと社会との問題について、多様なステークホルダーが対話・協働し、それらを政策形成や知識創造へと結びつける「共創」が重要であるとされています。しかし、それを実現するためのしくみは今のところ限られています。
 一方で、2011年の東日本大震災を含め、科学技術にまつわる社会的問題を経験する中で、社会の声に耳を傾けようという研究者コミュニティの動きや、それをサポートする対話活動の熱意ある取り組みを少なからず見ることができます。
 科学技術にまつわる課題(将来的に生じそうな課題も含めて)について、社会の誰もが対話を通じて互いの不安や期待に応え合い、課題の解消に向けた提案につなげられるような環境作りを目指し、私たちは、日本の現状について、調査・研究を行っています。

具体的な調査項目

  • 科学と社会の関係深化に関する研究者や国民の意識調査
  • 科学と社会の関係深化につながる国内外の活動事例調査
  • 科学と社会に関する課題の検討
  • JSTの担うべき役割の検討

2011(H23)年度

2010(H22)年度